Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

新たな精子選別法により体外受精の改善が見込める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























新たな精子選別法により体外受精の改善が見込める

このエントリーをはてなブックマークに追加
新たな精子選別法
スタンフォード大学のウトカン・デミルシ(Utkan Demirci)氏とウースター工科大学のエルカン・トツェル(Erkan Tüzel)氏は、「Advanced Science」にて、異常形態の精細胞を除外する装置「SPARTAN」を開発したと発表した。「SPARTAN」では、精細胞の周期的配列に基づいて精子形態を判定し、異常形態を除外する。

精子形態が奇形である場合、DNAや遺伝子構成に異常が生じ、精子運動率は低下するといわれる。

精子選別
「SPARTAN」の仕組みとは
研究者2人は、5年に亘り、装置の軸となるアライメント(整合性)を模索した。距離、角度(垂直、平行)、大きさを変えて最適な配列を探し、周期的構成を発見した。

「SPARTAN」では、精液に軸を浸すことにより、異常形態や運動率の低い精子が軸に捕らえられる。一方、最も強い精子は、軸の最終ラインに達する。

体外受精の改善
スタンフォード大学医学部は、精子選別装置「SPARTAN」により体外受精など不妊治療が改善されると述べている。

「SPARTAN」の精度は、精子調製法(swim up法)などの精子選別と比べて高いと説明する。精子形態異常の発見率に関して、精子調製法(swim up法)は24%、「SPARTAN」が52%であり、約2倍になったという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Stanford MEDICINE
http://scopeblog.stanford.edu/
Amazon.co.jp : 精子選別 に関連する商品



  • 新たな出生前診断技術が開発される(6月24日)
  • 製薬会社がアンケート調査の結果を公開(6月23日)
  • 女児の筋力はビタミンD量に関係する(6月23日)
  • 妊娠期に三種混合を接種することにより子供へ免疫が引き継がれる(6月20日)
  • 「鍼治療」で精液所見が改善(6月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ