Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

タバコにより子供が呼吸器疾患を発症しやすくなる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























タバコにより子供が呼吸器疾患を発症しやすくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加
タバコ暴露と子供への影響
オタゴ大学クライストチャーチ校の研究チームは、「Pediatric Pulmonology」にて、妊娠期における喫煙や産後のタバコ暴露により、15ヶ月以下の乳幼児における毛髪のニコチン量は増加し、気管支喘息など呼吸器疾患の発症リスクが高まると発表した。

タバコ
家庭環境と毛髪のニコチン量
今回の研究では、15ヶ月以下の乳幼児376人を含む6歳までの幼児535人を対象に、母親の妊娠期における受動・能動喫煙状況、3ヶ月から15ヶ月までの家庭環境に基づき、タバコの暴露と健康状態について調査された。

研究チームが15ヶ月以下の乳幼児に対して頭髪のニコチン量を測定したところ、毛髪のニコチン量は、家庭内の喫煙者数、喫煙者の喫煙量と比例関係にあった。合わせて、論文主著者である同大学のフィリップ・パットモア(Philip Pattemore)氏は、妊娠期の喫煙と毛髪のニコチン量と強い関連性が認められたと述べている。

毛髪のニコチン量と喘鳴や気管支喘息の発症リスク
また、被験者である幼児における毛髪のニコチン量は相対的に少量であり、有意差はなかったが、15ヶ月以下の乳幼児ではニコチン量の増加に伴い、喘鳴や気管支喘息の発症リスクが高まったと報告されている。

一方、15カ月以上6歳以下の幼児では、毛髪のニコチン量と喘鳴や気管支喘息の発症リスクにおける相関関係は立証されなかった。

なお、喘鳴や気管支喘息の発症率は、幼児が6歳になるまで行った年別調査より算出した。

(画像はPixabayより)


外部リンク

WILEY
http://newsroom.wiley.com/
Amazon.co.jp : タバコ に関連する商品



  • 妊活での「気持ちのすれ違い」に関する記事が公開(10月24日)
  • 糖尿病予備軍の男性は不妊である可能性が高い(10月23日)
  • 「男性不妊」のインタビュー記事第2弾が公開(10月22日)
  • 免疫システムの抑制により早産を止める(10月22日)
  • 健康な母子には妊娠39週での誘発分娩が有益である(10月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->