Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

「妊活・不妊治療とお金の関係」に関する調査結果を公開

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























「妊活・不妊治療とお金の関係」に関する調査結果を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊活ボイス
約6人に1人が妊活に300万円以上かけている
株式会社CURUCURUが運営しているウェブサイト「妊活ボイス」が、2017年10月11日(水曜日)から10月30日(月曜日)にかけて実施した「妊活・不妊治療」に関する調査の結果を公開した。

妊活ボイス
調査は10年以内に妊活経験のある20歳から49歳までの女性300人(妊活時の平均世帯年収約500万円)を対象にインターネットで行われた。

「病院・クリニックにかかった費用」に関する調査では「100万円から200万円未満」という回答がもっとも多く41.9パーセント。

「妊活全般にかかった費用」の平均は約35万円であったが、人工授精・体外受精・顕微授精のいずれかを経験した人に限ると平均費用は約134万円、高度不妊治療費の平均は193万円まで上昇することが判明した。

費用の捻出方法については「夫婦の収入・貯金」がもっとも多く56パーセント。「親などからの援助」という回答は5.3パーセントにとどまり、ほとんどの人が自分たちの収入や貯金で治療費を負担していることがわかった。

3人に2人が金銭面をネックに感じている
「高度不妊治療に進むにあたり金銭面がネックとなった」と回答した人は62パーセント。

妊活ボイス
そのうち53.3パーセントが「料金が安かった場合もっと早く高度不妊治療に進んだ」、35.6パーセントの人が「治療の回数が増えた」と回答している。

「病院の利用タイミング」についての質問でも48.7パーセントの人が「受診のタイミングが遅かった」と回答している。

すべての女性を応援するサイト
「ITで女性のライフスタイルを豊かに」というビジョンをかかげる株式会社CURUCURUが運営している「妊活ボイス」は、すべての女性を応援する妊活専門サイト。

妊活や不妊治療に役立つ情報のほか、妊活に関するニュースや独自アンケートにもとづく「妊活レポート」などを定期的に配信しており、今冬には「妊活者専用SNS」のリリースが予定されている。

(画像は株式会社CURUCURUのプレスリリースより)


外部リンク

株式会社CURUCURUのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

株式会社CURUCURU公式ホームページ
http://curucuru.co.jp

妊活ボイス
https://www.ninkatsu-voice.jp
Amazon.co.jp : 妊活ボイス に関連する商品



  • 【鳥取】「セルフィーリングピラティス」公式ワークショップ(12月18日)
  • 【品川】「不妊治療」がテーマのセミナー(12月17日)
  • クリニック院長が「さずかり体操」を教えます(12月16日)
  • 「隣の家族は青く見える」PR動画が解禁(12月16日)
  • 排卵には脳のエストロゲンが必要不可欠である(12月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->