Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

胎児の心臓形成異常により流産が引き起こる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























胎児の心臓形成異常により流産が引き起こる

このエントリーをはてなブックマークに追加
胎児の心臓形成と流産
リーズ大学とダラム大学の共同研究チームは、「Scientific Reports」にて、胎児の心臓形成異常・不全が流産を引き起こす要因になると発表した。また、胎児の心臓形成が要因となる場合、妊娠124日目が流産の分け目になることが判明した。

流産
心臓形成の推定メカニズムを確認
共同研究チームは、妊娠13週から20週に掛けて、胎児の心臓形成・発達過程をMRI、3Dソフトウェアを用いて観察したところ、心臓形成の推定メカニズムを確認できた。

リーズ大学のエレフテリア・ペルヴォララキ(Eleftheria Pervolaraki)教授は、推定メカニズムより、妊娠124日目(妊娠16~17週目)は胎児の心臓形成・発達において最も重要な時期であると考えている。妊娠124日目は、心臓形成4日目にあたる。

胎児の心臓は、発生から形成4日目(妊娠124日目)までの4日間にて、タンパク質量(コネキシン40、コネキシン43)の増加、心臓筋肉組織の急速な組織化が認められた。タンパク質(コネキシン40、コネキシン43)の発現により、胎児の心臓は、細胞間の情報伝達が可能になるという。

また、4日間では、基本的構造(右心房、右心室、左心房、左心室)において心臓線維が螺旋形状に形成された。

妊娠124日目が流産の分け目
共同研究チームは、胎児の心臓形成異常・不全により流産が引き起こり、流産10件のうち1件は胎児の心臓形成異常・不全が起因であると考えている。

ペルヴォララキ教授は、形成4日目の段階にて心臓形成に異常が認められた場合、胎児は子宮外にて生活できず、流産が引き起こると結論付けている。

今後、妊娠期における超音波検査やスクリーニング検査などにて、今回の研究結果が活かされることが期待される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY OF LEEDS
http://www.leeds.ac.uk/


Amazon.co.jp : 流産 に関連する商品



  • 精神状態は体外受精成功率に影響しない(7月16日)
  • 妊娠初期の鉄量が妊娠後期の甲状腺機能に影響する(7月16日)
  • 腸内細菌は子供の健康に影響する(7月15日)
  • 「ルナルナ」と「haco!」がコラボレーション(7月14日)
  • 甲状腺機能が卵巣予備能に影響する(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ