Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

特殊医薬品会社が精液評価・診断検査システムを発表

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























特殊医薬品会社が精液評価・診断検査システムを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
精液評価・診断検査システムの発表
今月5日、特殊医薬品会社であるアイトゥ・バイオサイエンスは、第33回欧州ヒト生殖医学会(ESHRE 2017)にて、精液評価・診断検査「MiOXSYSシステム」について発表した。

第33回欧州ヒト生殖医学会は、7月2日から5日に掛けてスイス・ジュネーブにて開催された。

MiOXSYSシステム
「MiOXSYSシステム」について
精液中の酸化ストレスは、原因不明の男性不妊を引き起こす要因であるといわれる。酸化ストレスは酸化反応により生じる有害作用であり、体内の酸化還元における均衡が崩れた状態である。

「MiOXSYSシステム」では、精液中の酸化ストレス度や精子DNA断片化を測定する。精子運動率や前進運動率との相関関係より、精子の質や生殖能力の評価、男性不妊の診断が可能となる。精液評価・診断検査方法は簡単明瞭であり、検査結果が出るのに時間は掛からない。

学会発表の効果
アイトゥ・バイオサイエンスは、男性不妊を理由に不妊治療を受けるカップルにとって診断、予後診断に有益であると述べている。

また、最高経営責任者のジョシュ・ディスボロー(Josh Disbrow)氏は、学会発表を通して、「MiOXSYSシステム」の臨床的・科学的証拠を立証し、潜在的有用性の拡大を図ることができたと評価する。

(画像はAYTU BioScience HPより)


外部リンク

AYTU BioScience
http://aytubio.com/
Amazon.co.jp : MiOXSYSシステム に関連する商品



  • 【福岡】現役医師による「妊活セミナー」(1月18日)
  • ヨード欠乏症により妊娠率が低下する(1月17日)
  • 「朝日新聞デジタル」が妊活に関する座談会を掲載(1月16日)
  • 「どうする? 仕事と出産」の詳報が完結(1月16日)
  • 卵子の受精能力が低い場合は人工的卵子活性化を併用すると顕微授精の受精率が改善する(1月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->