Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

新ツールキットにより妊娠期の鉄欠乏症が早期発見・治療できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























新ツールキットにより妊娠期の鉄欠乏症が早期発見・治療できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期の鉄欠乏性を早期発見
聖ミカエル病院(カナダ・トロント)は、「PLOS Medicine」にて、新たなツールキット「Maternal IrOn OptiMization(IRON MOM)」により、妊娠期の鉄欠乏症を早期発見・治療が可能になると発表した。

鉄欠乏症
妊娠期における鉄欠乏性の危険性
妊娠期に貧血の症状が進行する女性は少なくない。貧血では酸素を組織に運ぶ健康な赤血球が足りず、疲労感や脱力感を感じる。妊娠期の母親が鉄欠乏症である場合、母子の健康に深刻な影響がもたらされ、酸欠、産後鬱、貧血、早期陣痛、低出産体重児などが生じる。

「IRON MOM」の有益性
「IRON MOM」は、臨床経路と教育リソースを含み、紙媒体のツールキットに基づく。医療関係者や妊娠中の母親に対して、鉄欠乏症の診断や治療を補助する。同病院では「IRON MOM」導入から1年が経過した。フェリチン検査と比べ、妊娠期における鉄欠乏性の診断率は1ヶ月あたり約10倍増になったと報告される。

フェリチン検査は、鉄欠乏症の診断に欠かせない血液検査であり、血清フェリチン値を通して体内の貯蔵鉄量を測定する。なお、フェリチンは鉄結合性タンパク質の一種である。

現在、研究チームは、世界中での幅広い普及を目指し、スマートフォンのアプリケーション向け「IRON MOM」の開発を進めている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

St.Michael’s
http://www.stmichaelshospital.com/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 鉄欠乏症 に関連する商品



  • 妊娠期における抗生物質の服用により子供の健康に悪影響を及ぼす(2月28日)
  • 高温・熱波は早産リスクを高める(2月28日)
  • 妊娠前の過剰体重・肥満は子供のADHDリスクを増加させる(2月27日)
  • 子育てする不妊経験者向けのイベントが関東で開催(2月27日)
  • 母乳に含まれるヒトミルクオリゴ糖が子供の体重および体組織に影響する(2月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->