Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

遺伝子発生において新たな洞察を得た

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























遺伝子発生において新たな洞察を得た

このエントリーをはてなブックマークに追加
精子の発達に対する影響
ロックフェラー大学の研究チームは、「eLife」(8月16日) にて、ミバエを用いた動物モデル実験を通して、精子の発達に伴い、進化に対する自然の試みが起こることにおいて、重要な洞察を得たと発表した。

生物学的イノベーションにおいて、男性の性に関する研究は重要であり、新たな遺伝子を生産するホットスポットになると期待される。今回の研究では、単細胞レベルにてDNA突然変異の存在を位置付けられ、突然変化から新たな遺伝子の活動が発生すると報告された。

同大学のリー・チャオ(Li Zhao)准教授は、研究を通して、前例のない視点に、生物が地球環境に適応・順応し、進化する、および種の多様性に極めて寄与するプロセスを与えると述べる。

遺伝子発生
新たな遺伝子と精子の発達
正常の発達において、男性の精子は、女性の卵子と比べて新たな突然変異が2倍から3倍多いといわれる。精子は遺伝的間違いに満ち、場合によっては、遺伝的間違いが子、孫と悪影響を及ぼす。つまり、男性は、進化の過程にて、次世代に対して遺伝子の伝播をする機会を失った状態である。

研究チームは、ミバエを用いた動物モデル実験を行い、個々の細胞にタグ付けし、RNAシークエンス(RNA配列)を識別、デコードし、発達段階を通して特定の遺伝子の活動が変化する過程を観察した。

タンパク質の配列を決定するシークエンスに由来するデノボ遺伝子は、進化的視点より新しく、最も興味深い遺伝子である。今回、レノボ遺伝子184個が確認され、精子細胞の突然変異に影響を与えるという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

THE ROCKEFELLER UNIVERSITY
https://www.rockefeller.edu/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 遺伝子発生 に関連する商品



  • 妊娠タイミングを選択できる可能性が広がる(9月20日)
  • 働きながら「人工授精」をする際の注意点(9月20日)
  • 妊活中の「親戚トラブル」対処法教えます(9月20日)
  • 「大学病院」の研究チームによる連載がスタート(9月20日)
  • オピオイド鎮痛剤は男性のテストステロン量を減少させる(9月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->