Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

なぜ働きながらの不妊治療は困難なのかを解説する記事が公開される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























なぜ働きながらの不妊治療は困難なのかを解説する記事が公開される

このエントリーをはてなブックマークに追加
有名映画やドラマの監修も手がけた医師が執筆
東洋経済新報社が運営する「東洋経済オンライン」が、2019年7月21日に「仕事を急に休まざるをえない不妊治療のリアル」と題した記事を公開した。

東洋経済オンライン
執筆者は「医療法人産婦人科クリニックさくら」の桜井明弘院長。25000例の一般不妊治療や高度生殖医療を手がけている桜井院長はドラマ「隣の家族は青く見える」、映画「ジーン・ワルツ」「ALWAYS 三丁目の夕日」の医療監修も担当している。

東洋経済オンライン
記事では女性の生理周期に関する基本的な知識やタイミング指導、高度生殖医療の内容を紹介。なぜ不妊治療をしている人が仕事の都合とは関係なく頻繁に通院しなくてはならないのかを解説している。

来院者の価値観を尊重した検査と治療を提案
東急田園都市線「たまプラーザ駅」から徒歩2分の場所にある「医療法人産婦人科クリニックさくら」は「カラダに優しく、妊娠後にも優しく、こころに優しく」をコンセプトとするクリニック。

情報提供と選択肢の提示を重視しており、来院者1人1人の価値観や希望にそった医療サービスを提供している。院内には看護師、生殖医療相談士、胚培養士による相談室を設置。治療についての疑問から費用面の相談まで幅広く対応している。

(画像は東洋経済オンラインより)
(画像は医療法人産婦人科クリニックさくら公式ホームページより)


外部リンク

東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net

医療法人産婦人科クリニックさくら公式ホームページ
http://www.cl-sacra.com


Amazon.co.jp : 東洋経済オンライン に関連する商品



  • チューイングガムで排卵日を予測できる(10月18日)
  • クラミジア感染症と男性不妊には関連性がある(10月18日)
  • 妊活から産後まで、時期に応じて選べるサプリメント(10月17日)
  • 「体外受精」と仕事の両立に関する記事が公開される(10月17日)
  • 妊娠期の飲酒は少量であっても子供の健康に悪影響を及ぼす(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->