Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠糖尿病は子供の健康を脅かす

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠糖尿病は子供の健康を脅かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠糖尿病の危険性
マサチューセッツ大学の研究チームは、「Environment International」にて、妊娠期の母親が妊娠糖尿病である場合、母から子へ胎盤を介して引き継がれるパーフルオロアルキル化合物及びポリフルオロアルキル化合物(PFAS)が増量すると発表した。

PFASは有害な合成化学物質であり、健康を脅かす。1950年以降、焦げ付き防止の調理器具、食品パッケージ、防汚材料、防水材などに使用されている。

妊娠糖尿病
妊娠糖尿病とPFAS化合物の関係性
研究チームは、フェロー諸島在住の母子を対象に、血液と臍帯(へその緒)を採取し、妊娠糖尿病とPFAS化合物の関係性を検証した。

血液サンプルは、ソルボンヌ大学(フランス・パリ)、南デンマーク大学、フェロー病院、ハーバード大学にて分析が行われた。また、研究には、出生調査「Cohort 3」(1999~2001年、子供100人対象)と 「Cohort 5」(2008~2009年、子供51人) よりデータを活用した。

母親のPFAS量は、妊娠32週および産後2週間に採取した血液サンプルより測定された。現在、PFAS化合物は使用されていないが、複数のPFAS化合物は、異なる化学的・物理的性質として母子の身体内にて検出された。

なかでも、妊娠糖尿病の女性は、胎児へ引き継ぐPFAS量が増加し、平均して最大50%増となった。同大学のヨセフ・オウルホート(Youssef Oulhote)准教授は、糖尿病により物質の動態や代謝が変わり、母から子へ引き継がれるPFAS化合物が増量すると推測する。

(画像はPixabayより)


外部リンク

Science Direct
https://www.sciencedirect.com/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 妊娠糖尿病 に関連する商品



  • 妊娠期における抗生物質の服用により子供の健康に悪影響を及ぼす(2月28日)
  • 高温・熱波は早産リスクを高める(2月28日)
  • 妊娠前の過剰体重・肥満は子供のADHDリスクを増加させる(2月27日)
  • 子育てする不妊経験者向けのイベントが関東で開催(2月27日)
  • 母乳に含まれるヒトミルクオリゴ糖が子供の体重および体組織に影響する(2月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->