Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

鉄分の摂取には妊娠の可能性を高める効果はない

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























鉄分の摂取には妊娠の可能性を高める効果はない

このエントリーをはてなブックマークに追加
鉄分の摂取量による効果
ボストン大学公衆衛生大学院の研究チームは、「The Journal of Nutrition」にて、鉄分の摂取と妊娠の可能性に関連性は認められず、鉄分の摂取量に伴い生殖能力、妊娠可能性が高まることはないと発表した。

これまで、ビタミン・鉄分は女性の生殖能力、妊娠可能性に肯定的な影響を与えるといわれてきた。先行研究では、植物性食品に含まれる鉄分および鉄分サプリメントの摂取により、排卵を原因とする女性不妊が改善すると報告された。

しかしながら、根拠は不明確であった。今回、鉄分には女性の生殖能力を改善する効果はなく、妊娠を望む女性が動物性・植物性食品に含まれる鉄分、鉄分サプリメントの摂取量を増やしたとしても、摂取量に伴って生殖能力は改善せず、妊娠可能性は高まらないことが認められた。

鉄
鉄分の摂取と妊娠可能性における関係性
研究チームは、妊活中の女性(約3000人)を対象にした妊娠に関するオンライン調査「PRESTO」(ボストン大学公衆衛生大学院が実施)、妊活中の女性(1700人)を対象にした「Snart Foraeldre study」(デンマークにて実施)を用いて、鉄分の摂取と妊娠可能性における関係性を検証した。

被験者は、食生活に関するアンケート調査に対して、食事内容や摂取したサプリメントの種類・頻度を回答した。合わせて、月経周期に合わせて妊活を行い、上限12周期目まで自然妊娠を試みた。

なお、ヘム鉄は牛・豚・鶏肉、魚などの動物性食品肉、非ヘム鉄は野菜、穀物、貝類といった植物性食品に含まれている。

アンケート調査より、ヘム鉄を含む動物性食品、非ヘム鉄を含む植物性食品、鉄分サプリメントの摂取量を測定し、受胎確率(月経周期1~2回における妊娠確率)を比較したところ、食事のみから鉄分を摂取する場合、食事での不足分を鉄分サプリメントにて補った場合、どちらも受胎確率に大差なかった。

研究チームは、鉄分の摂取量と妊娠可能性に関係性がないと結論付けている。しかしながら、重い月経痛により鉄不足が深刻である、月経の間隔が短い女性は鉄分の摂取量を増加する必要があり、摂取量の増加に伴い効果も高まると補足する。

(画像はPixabayより)


外部リンク

he Journal of Nutrition
https://academic.oup.com/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/
Amazon.co.jp : 鉄 に関連する商品



  • 妊娠タイミングを選択できる可能性が広がる(9月20日)
  • 働きながら「人工授精」をする際の注意点(9月20日)
  • 妊活中の「親戚トラブル」対処法教えます(9月20日)
  • 「大学病院」の研究チームによる連載がスタート(9月20日)
  • オピオイド鎮痛剤は男性のテストステロン量を減少させる(9月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->