Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

父親の精巣癌治療歴は子供の先天性異常・先天性奇形リスクに影響しない

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























父親の精巣癌治療歴は子供の先天性異常・先天性奇形リスクに影響しない

このエントリーをはてなブックマークに追加
父親の精巣癌治療が与える影響
6月4日、ルンド大学(スウェーデン)の研究チームは、「PLOS Medicine」にて、父親の精巣癌治療歴と子供の先天性異常・先天性奇形は関係性がないと発表した。

父親に放射線療法・化学療法による精巣癌の治療歴があったとしても、子供に先天性異常・先天性奇形が生じる可能性は増加しないという。

これまで、放射線療法・化学療法は、ヒトをはじめ動物の精子に突然変異、遺伝子損傷を引き起こすと考えられてきた。また、精巣癌は若い世代に影響を与え、癌治療を受けた父親をもつ子供は、遺伝的疾患や先天性欠損になる可能性が増加すると報告されていた。

精巣癌
精巣癌治療と子供の先天性異常における関係性
研究チームは、スイス国内出生登録(1994~2014年)を用いて、精巣癌治療と子供の先天性異常における関係性を検証した。登録データからは凍結精子の利用有無、精子提供の有無、放射線療法・化学療法の有無は確認できなかったが、子供の先天性異常リスクは増加していなかった。

また、精巣癌の治療を受けた父親2380人と子供4207人を対象に、子作りと精巣癌治療のタイミング(癌治療の完了後に妊活、あるいは妊活後に癌治療の開始)より、子供における先天性異常の発生率を比較した。

精巣癌の放射線療法・化学療法を完了し、その後に子供をもうけた場合、妊活後の癌治療開始と比べ、子供の先天性異常に大きなリスクは認められなかった。

研究チームは、精巣癌の放射線療法・化学療法を要因として、子供における先天性異常の可能性増加は僅かであり、因果関係は認められないと結論付けている。

(画像はイメージです)


外部リンク

PLOS
https://journals.plos.org/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/
Amazon.co.jp : 精巣癌 に関連する商品



  • 大気汚染曝露が流産リスクを高める(10月21日)
  • 環境ホルモンは胎盤を介して胎児の体内に蓄積される(10月21日)
  • 父親の食事が子供の心臓に長期的な影響を与える(10月19日)
  • チューイングガムで排卵日を予測できる(10月18日)
  • クラミジア感染症と男性不妊には関連性がある(10月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->