Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

環境汚染物質は性的発達や生殖能力に悪影響を与える

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























環境汚染物質は性的発達や生殖能力に悪影響を与える

このエントリーをはてなブックマークに追加
環境汚染物質の曝露による影響
リエージュ大学の研究チームは、「第21回欧州内分泌学会議(ECE 2019)」(5月18~21日、フランス・リヨンで開催)にて、環境汚染物質への曝露が脳発達を変化させ、世代を超えて性的発達や生殖能力に影響を与えると発表した。

環境汚染物質
環境汚染物質の危険性
我々は、日常生活において、プラスチック製品、農薬、医薬品など数百種類もの環境汚染物質に晒されている。

内分泌攪乱化学物質は、ホルモンの正常機能を妨げる。不妊との因果関係が認められ、性的発達を変化させる。

環境汚染物質と性的発達における関係性
研究チームは、マウスを用いた動物モデル実験を行い、環境汚染物質と性的発達における関係性を検証した。

3世代に亘る性的発達を観察したところ、妊娠期に母マウスが内分泌攪乱化学物質(EDC)などの環境汚染物質に曝された場合、誕生した子マウスは性的発達や母性行動が阻まれた。

子や孫は、直接的に内分泌攪乱化学物質の曝露は受けず、母から間接的に曝された。しかしながら、影響は母から子、子から孫へと世代を超えて確認された。

子や孫は、直接、内分泌攪乱化学物質の曝露を受けていないものの、脳の遺伝子発現が変わり、性的発達は遅れ、生殖サイクルや卵巣の卵胞発育が変化した。また、母性行動も欠如していた。

現状、環境内の内分泌攪乱化学物質(EDC)量は、長期に亘って影響を与えることが認められた。早急な環境汚染物質の削減が求められる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

LIEGE universite GIGA
https://www.giga.uliege.be/


Amazon.co.jp : 環境汚染物質 に関連する商品



  • 成長因子により胎盤異常の治療が可能になる(6月25日)
  • 太り過ぎの男性は生殖能力の問題が増える(6月24日)
  • 胎児細胞に発現するタンパク質が早産を引き起こす(6月23日)
  • 妊活と不妊治療に関する調査結果が公開される(6月23日)
  • 「eggs LAB」がリニューアル(6月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->