Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

週3回のナッツ類により子供のIQが向上する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























週3回のナッツ類により子供のIQが向上する

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナッツ類による効果
スペインの研究チームは、「European Journal of Epidemiology」にて、妊娠初期においてナッツ類(クルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンド、ピーナッツ、松の実など)を週3回以上、1週間あたり平均74g摂取することにより、子供の認知能力が高まり、IQ(知能指数)が向上すると発表した。

先行研究では、妊娠期のナッツ類摂取により、高血圧、糖尿病、酸化ストレスのリスクが軽減すると報告されている。また、ナッツ類は、高齢に伴う認知機能の低下を抑制する効果もあるといわれる。

ナッツ
妊娠期のナッツ類摂取と子供の認知機能における関係性
研究チームは、妊娠初期にナッツ類を摂取した母親あるいは全く摂取しなかった母親、その子供2208人を対象に、妊娠期のナッツ類摂取と子供の認知機能における関係性を検証した。

母親は、妊娠初期と後期に食物摂取頻度調査を受け、妊娠期の食生活について回答した。子供に対しては、1歳半、5歳、8歳に記憶力・注意力検査を実施した。

妊娠初期の母親がクルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンド、ピーナッツ、松の実を含むナッツ類を1週間あたり2~3オンス食べた場合、子供の記憶力・注意力検査におけるIQは、妊娠初期にナッツ類を全く摂取していない母親の子供と比べ、高い数値となった。

一方、妊娠後期のナッツ類摂取と子供のIQにおける関係性は薄いことが認められた。

ナッツ類には葉酸、脂肪酸、オメガ3が豊富に含まれ、健康や認知機能に対して有益な効果を与える。研究チームは、妊娠初期は胎児にとって重要な成長段階であるが、妊娠初期の母親がナッツ類を摂取することにより、胎児の神経組織にナッツ類に含まれる栄養素が蓄積し、脳の発達に肯定的な影響を与えると推測する。

(画像はPixabayより)


外部リンク

Springer Link
https://link.springer.com/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : ナッツ に関連する商品



  • 太り過ぎの男性は生殖能力の問題が増える(6月24日)
  • 胎児細胞に発現するタンパク質が早産を引き起こす(6月23日)
  • 妊活と不妊治療に関する調査結果が公開される(6月23日)
  • 「eggs LAB」がリニューアル(6月21日)
  • 妊娠期は身体周囲空間の拡大により胎児の安全を守る(6月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->