Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

紫外線により血中の葉酸が減少する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























紫外線により血中の葉酸が減少する

このエントリーをはてなブックマークに追加
紫外線による影響
マラガ大学の研究チームは、紫外線が血中の葉酸量に直接的な影響を与えると発表した。

これまで、血中の葉酸量は季節によって変化し、日光量が関係すると考えられてきた。今回の研究により、季節と葉酸量における因果関係が立証された。葉酸欠乏の場合、日光量の増加に伴い、葉酸量が顕著に減少する。

葉酸
季節と葉酸量における関係性
研究チームは、スペイン・マラガにて、5年間、患者10万以上を対象に、季節と血中の葉酸量における関係性を検証した。

季節による影響を比較したところ、夏は、冬と比べ、葉酸量が約3.5%減少した。夏に葉酸欠乏になるリスクは1.37倍増になった。また、男性は、女性より季節の影響を受けやすく、葉酸量の減少が大きかった。

研究チームは、葉酸量が4ng/mL以下である場合、日常的に葉酸を豊富に含む食材、サプリメントを摂取することを推奨する。なお、葉酸はマメ科植物や緑野菜に多く含まれる。

葉酸は、細胞の分裂・成長に不可欠である。葉酸量の不足は健康に悪影響を及ぼし、貧血、神経管欠損、心血管疾患などを引き起こす。それゆえ、胎児の成長にとって葉酸は欠かせず、妊娠期において葉酸の摂取は非常に重要となる。

(画像はPixabayより)


外部リンク

EurekAlert!
https://eurekalert.org/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

PubMed
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/30502586/
Amazon.co.jp : 葉酸 に関連する商品



  • 早発卵巣不全と睡眠の質、疲労蓄積には関係がある(7月20日)
  • 妊娠期の食事において食物繊維は重要である(7月19日)
  • 【東大阪市】当事者同士で語りあうイベントが開催(7月19日)
  • 食事と運動では妊娠糖尿病リスクを軽減できない(7月19日)
  • 不妊カウンセラーが教える「妊活に役立つ書籍」(7月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->