Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

精原幹細胞の解明によって不妊治療の発展が期待される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























精原幹細胞の解明によって不妊治療の発展が期待される

このエントリーをはてなブックマークに追加
精原幹細胞の解明を
カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部の研究チームは、「Cell Reports」にて、最先端技術シングルセルRNAシーケンスを用いて、より正確な精原幹細胞が作製でき、精子の形成過程を解明できると発表した。また、幹細胞を分離させるツールの開発に成功した。

精子は精原細胞より形成されるが、1秒間に生産される精子数は1000個以上である。しかしながら、ヒト精原細胞に関する研究は少ない。

精原幹細胞
不妊治療の発展に向けて
マイルス・ウィルキンソン(Miles Wilkinson)教授は、シングルセルRNAシーケンスがシングルセル(単一細胞)のゲノムにおけるヒト遺伝子の活動を明らかにすると説明する。細胞タイプによって活性遺伝子の組み合わせは異なるが、シングルセルRNAシーケンスにて新たな細胞タイプが特定できるという。

今回、研究チームが、ヒト精巣に対してシングルセルRNAシーケンスを用いたところ、精巣の精子前駆細胞において複数の異なる成長段階が解明された。

成人の場合、精原幹細胞を含めて、精巣にある細胞サブタイプの特定に至った。また、新生児の精原幹細胞がもつ特徴が判明した。

精原幹細胞から精細胞への成長過程が解明されることによって、男性不妊の治療法が発展すると期待される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UC San Diego
https://ucsdnews.ucsd.edu/


Amazon.co.jp : 精原幹細胞 に関連する商品



  • 精子の生存期間が子供の健康に影響する(2月19日)
  • 細胞間コミュニケーションが陣痛と出産のタイミングを決める(2月18日)
  • 妊活におすすめの「食材」を伝授!(2月16日)
  • 【広島】「ジネコ妊活セミナー」の様子をレポート(2月16日)
  • フタル酸エステルは女性不妊の要因に成り得る(2月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->