Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期の飲酒が子供に与える悪影響を正しく認識するべき

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期の飲酒が子供に与える悪影響を正しく認識するべき

このエントリーをはてなブックマークに追加
胎児期のアルコール曝露
ブリストル大学、カーディフ大学の研究チームは、「Preventive Medicine」にて、妊娠期の母親が飲酒し、母親の子宮内にてアルコールにさらされた子供は17%であると発表した。

妊娠期の飲酒は、胎児性アルコール多様障害(FASD)のリスクを高め、子供の健康に対して長期的に悪影響を及ぼす。

飲酒
妊娠期のアルコール摂取と子供の健康影響における関係性
研究チームは、世界有数の出生コホート研究「Bristol's Children of the 90s study」を用いて、子供13495人を対象に能力テスト、発達検査を行い、妊娠期のアルコール摂取と子供の健康影響における関係性を検証した。

胎児期にアルコール曝露を受けた子供は79%以上を占めた。また、17%以上の子供にはFASD陽性反応が出て、FASDの症状として学習、行動、発育不全、身体的特徴(平坦な人中、薄い上唇、小さい眼など)が認められた。

妊娠期に母親が飲酒した頻度が高い場合、子供は胎児期に大量のアルコールにさらされ、高い確率でFASD陽性反応が出るという。研究チームは、妊娠期の飲酒と子供のFASD陽性反応は相関関係にあると結論付けている。

論文主著者のブリストル大学シェリル・マクワイヤ(Cheryl McQuire)博士は、妊娠期の飲酒が子供に与える悪影響を正しく認識するべきと指摘する。

(画像はPixabayより)


外部リンク

University of BRISTOL
http://www.bristol.ac.uk/


Amazon.co.jp : 飲酒 に関連する商品



  • 着床前診断に次世代シーケンシングを組み合わせる(12月14日)
  • 「jineko」が大幅リニューアルを敢行(12月14日)
  • 肥満治療は妊活前に行うべきである(12月14日)
  • 3代目「大人の青汁」が発売される(12月14日)
  • スマートフォン使用が女性不妊の要因に成り得る(12月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ