Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

肥満手術は男性の生殖能力を改善させる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























肥満手術は男性の生殖能力を改善させる

このエントリーをはてなブックマークに追加
肥満手術の効果
マックマスター大学、アルバータ大学(共にカナダ)の研究チームは、「Obesity Surgery」にて、肥満手術には長期的な減量効果があり、術後、テストステロン量が増加すると発表した。しかしながら、肥満手術と精子の質の改善における関係性は立証されなかった。

肥満手術
肥満と不妊
肥満は、ホルモンバランスの乱れを引き起こす。肥満男性は、標準体重の男性と比べ、男性ホルモンであるテストステロン量は減少し、生殖機能が低下する。また、性生活に対する満足が乏しくなる。

男性の場合、体重9キロの増加に伴い、不妊率は10%高まるといわれる。

肥満手術と男性ホルモン、精子の質における関係性
研究チームは、1998年か2018年に掛けて、肥満男性1000人以上を対象に実施された先行研究28件を用いて、肥満手術と男性ホルモン、精子の質における関係性を検証した。

肥満手術を受けた被験者は、テストステロン量の著しい増加、女性ホルモンであるエストラジオール量の減少が認められた。テストステロン量の増加に伴い、黄体形成ホルモン(LH)、卵巣刺激ホルモン(FSH)、性ホルモン結合グロブリン(SHBG)も増加した。

肥満手術により、ホルモンバランスが変化・改善され、男性の生殖能力(勃起機能)は顕著に高まった。一方、肥満手術には、精子の質(量、濃度、能力・機能、運動率、形成)を改善させる効果は立証されなかった。

(画像はPixabayより)


外部リンク

Springer
https://www.springer.com/
Amazon.co.jp : 肥満手術 に関連する商品



  • 「女性の身体塾」が健康管理講座を開催(1月21日)
  • 「鉄に関するアンケート調査」の結果が公開される(1月21日)
  • 「不安」に関するグループカウンセリング(1月20日)
  • 同僚に「不妊治療」を伝えるコツを伝授(1月20日)
  • 看護師が教える「夫を不妊検査に誘うコツ」(1月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->