Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

男性の生殖能力が測定可能になる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























男性の生殖能力が測定可能になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
初となる男性の生殖能力測定
Androvia LifeSciences社は、コーネル大学の研究成果に基づき、男性の生殖能力測定検査「Cap-Score Male Fertility Assay」を開発した。これまで、過去50年間、男性の生殖検査では、精液分析、精子測定が一般的であった。

生殖能力検査
「Cap-Score」とは
「Cap-Score」では、男性の生殖能力が測定でき、妊娠成立の可能性が予測可能となる。蛍光顕微鏡を用いて精子の局在パターンを分析・特定し、生殖能力のない精細胞を識別する。

ガングリオシドGM1 をバイオマーカーとして、精子の受精能獲得(精細胞が受精可能となる生理学的・機能的変化)を定量化する。

最新の臨床試験では、不妊の疑いがある男性より採取した精液208サンプルを対象に、従来の精液分析に加えて、Cap-Scoresにて生殖能力の高低を予測した。生殖能力が標準値である男性は、低い値の男性と比べ、妊娠可能性が2.78倍、人工授精1回目の成功率は4.23倍であった。

また、今回、Cap-Scoresに基づく精液分析において、精子運動率・濃度と男性不妊の関連性は認められなかった。

「Cap-Score」の有益性
現在、Cap-Scoresは、アメリカ全土にある多くの医療機関にて実施されている。研究チームは、予め、自己の生殖能力を検査して把握することにより、家族計画、妊活のタイミング、不妊治療の有無が予測でき、感情的ストレス、経済的負担の軽減につながると考える。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

CORNELL CHRONICLE
http://news.cornell.edu/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

Amazon.co.jp : 生殖能力検査 に関連する商品



  • サツドラで「Seemキット」が販売スタート(11月17日)
  • ビジネス情報サイトが「男性不妊」の記事を公開(11月17日)
  • 西宮にクリニックが新規開院(11月17日)
  • 「イソフラボン」のとり過ぎは逆効果!?(11月17日)
  • 気候変動が男性不妊を引き起こす(11月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ