Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

てんかん女性は妊娠管理が重要である

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























てんかん女性は妊娠管理が重要である

このエントリーをはてなブックマークに追加
てんかん女性の妊産婦死亡率
オーフス大学(デンマーク)の研究チームは、「Neurology」にて、てんかん女性が妊娠した場合、てんかん発作により妊産婦死亡率は5倍増になると発表した。

同大学のヤコブ・クリステンセン(Jakob Christensen)准教授は、てんかん女性の死亡要因は全て発作であり、妊娠期のてんかん発作を防ぐことで死亡率は減少すると述べている。

それゆえ、妊娠中の服薬指導・治療、モニター機器による抗てんかん薬の血中濃度測定にて、てんかん発作が生じる状況を回避し、発作を防ぐ医療的管理が求められると強調する。

なお、妊産婦死亡とは、妊娠中または妊娠終了後42日未満の死亡と定義されている。

てんかん
妊産婦死亡率が高くなる背景
てんかん患者は、良好な健康状態の同年代と比べ、死亡率が高いといわれる。出産適齢期のてんかん女性における死亡率は15倍である。

クリステンセン准教授は、一般人口に比べて、てんかん患者の死亡率は高いことにより、妊産婦死亡率が高まる側面もあると指摘する。

症状を考慮した妊娠管理の必要性
研究チームは、2000年から2013年に掛けて、妊娠した女性2110084人(てんかん11976人、0.6%)を対象に、妊産婦死亡率について検証した。被験者のうち176人が妊娠中に亡くなったが、5人に1人はてんかん女性であったと報告されている。

絶対リスク(有害なイベントが発生する確率)は低いものの、てんかんの症状を考慮した妊娠管理が求められる。

(画像はPixabayより)


外部リンク

AARHUS UNIVERSITY
http://newsroom.au.dk/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/
Amazon.co.jp : てんかん に関連する商品



  • 妊活での「気持ちのすれ違い」に関する記事が公開(10月24日)
  • 糖尿病予備軍の男性は不妊である可能性が高い(10月23日)
  • 「男性不妊」のインタビュー記事第2弾が公開(10月22日)
  • 免疫システムの抑制により早産を止める(10月22日)
  • 健康な母子には妊娠39週での誘発分娩が有益である(10月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->