Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

血小板の少ない早産児は視力低下リスクが高くなる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























血小板の少ない早産児は視力低下リスクが高くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加
早産児と眼科疾患
ヨーテボリ大学サルグレンスカ・アカデミー(スウェーデン)、ハーバード大学医学部の研究チームは、「JCI Insight」にて、マウスを用いた動物モデル実験より、早産児で血中の血小板が少ない場合、未熟児網膜症(ROP)の発症リスクが高まり、症状の重症度が増すと発表した。

また、マウスに血小板を注入すると、網膜血管における病変の進行が軽減できたと報告されている。

未熟児網膜症とは、早産児(在胎28週未満)や未熟児の眼科疾患である。眼の網膜血管に病変が発症し、症状の悪化に伴い増殖性変化が生じる。症状が重症化すると網膜剥離を併発し失明に至る。

早産児
血中成分の不均衡
血小板が少ない幼いマウスでは、抗体によって、網膜血管の発症した病変の進行が30%増となった。一方、大人のマウスより血小板を注入した場合、病変の進行は19%減となった。

血小板は血液の細胞成分の一種であり、血管を発達させる要素を含む。しかしながら、早産児や未熟児は、感染症の感染を防ぐために血液中の血小板が多く消費される。

ヨーテボリ大学のアン・ヘルストリョーム(Ann Hellstrom)教授は、早産児や未熟児では血中成分の均衡が崩れ、組織において病変が発症しやすくなり、未熟児網膜症の発症リスクが高まると説明する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY OF GOTHEBURG
https://sahlgrenska.gu.se/

Amazon.co.jp : 早産児 に関連する商品



  • 着床前診断に次世代シーケンシングを組み合わせる(12月14日)
  • 「jineko」が大幅リニューアルを敢行(12月14日)
  • 肥満治療は妊活前に行うべきである(12月14日)
  • 3代目「大人の青汁」が発売される(12月14日)
  • スマートフォン使用が女性不妊の要因に成り得る(12月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ