Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

住吉区で「生殖医療センター」がオープン

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























住吉区で「生殖医療センター」がオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
生殖医療センター
閑静な住宅街で府民の健康生活をサポート
大阪市住吉区の「大阪急性期・総合医療センター」が、2018年10月1日(月曜日)「生殖医療センター」をオープンした。

「天王寺駅」からバスで15分・阪堺電気軌道「帝塚山4丁目駅」から徒歩10分の場所にある「大阪急性期・総合医療センター」は、大阪府立病院機構の傘下にある施設の1つ。高度専門医療を行う診療科が連携して良質な医療を提供している。

社会の変化や疾病構造の変化により多様化・複雑化する来院者のニーズに的確にこたえるため、医療技術の高度化・専門化を進めている。

プライバシー面にも配慮した設計
「生殖医療センター」は、中央館の5階でオープン。女性病棟内にあるのでプライバシー面も安心だ。

一般不妊治療から体外受精などの生殖補助医療、腹腔鏡・子宮鏡手術、男性不妊まで対応している。

一般不妊治療の場合、病気の有無や生活歴についての問診を行い、血液や超音波検査、子宮卵管造影などで排卵・受精・着床のどこに問題が生じているかを探索していき、同時進行でタイミング療法や人工授精などを行う。

「大阪急性期・総合医療センター」の公式ホームページでは、体外受精や顕微授精の内容や診療時間、問い合わせ電話番号、生殖医療にかかる費用などの情報を閲覧可能だ。

(画像は大阪急性期・総合医療センター公式ホームページより)


外部リンク

大阪急性期・総合医療センター公式ホームページ
http://www.gh.opho.jp
Amazon.co.jp : 生殖医療センター に関連する商品



  • 着床前診断に次世代シーケンシングを組み合わせる(12月14日)
  • 「jineko」が大幅リニューアルを敢行(12月14日)
  • 肥満治療は妊活前に行うべきである(12月14日)
  • 3代目「大人の青汁」が発売される(12月14日)
  • スマートフォン使用が女性不妊の要因に成り得る(12月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ