Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

新たな機器により精子選定時間が短縮される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























新たな機器により精子選定時間が短縮される

このエントリーをはてなブックマークに追加
迅速な精子の選定
コーネル大学は、「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」にて、マイクロ流体デバイスの開発に成功し、体外受精において採取した精液より受精に適した精子を5分程度で選定可能になると発表した。

従来の方法では、採取した精液より受精に適した精子を選定する過程に数時間を要していた。新たな機器では、生存期間が長く、精力的で運動率が高くて活発な精子を数分程度で選定できる。

同大学のアリレザ・アブバスポアラッド(Alireza Abbaspourrad)准教授は、新たなマイクロ流体デバイスにより新鮮で質の高い精子の選定が可能になり、体外受精の成功率は改善されると強調する。

精子選定
精子の特徴を活用した機器
新たな機器では、精子の走流性(流れに逆らって泳ぐ性質)を応用する。精子には、物質に近づいて離れる、遊泳速度が一定以上になると流れに逆らって泳ぐ性質がある。

新たなマイクロ流体デバイスでは、精液を複数のチャネルに分割して、擁壁にて精子を引き寄せる。障壁に引き寄せられ、障害と認めて離れる際に、運動率の高い精子を捕獲する。

研究チームは、新たなデバイスにより、運動率の高い精子と運動率の低い精子が効率的に分離できると説明する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

CORNELL UNIVERSITY
http://news.cornell.edu/

Amazon.co.jp : 精子選定 に関連する商品



  • 「頑張らない、妊活のすすめ」がスタート(9月23日)
  • 「Fine Spica in広島」が10月に開催(9月22日)
  • 「卵子凍結保存」に関する記事が公開される(9月22日)
  • 「カラダのキモチ」の利用効果に関する論文が発表される(9月21日)
  • 短い禁欲期間で体外受精成功率は上がる(9月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->