Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

オーストラリアにおける不妊治療の現状とは

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























オーストラリアにおける不妊治療の現状とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
体外受精において過去最高の出産率
オーストラリアの13596医療機関とニュージーランドの1602医療機関にて、2016年に体外受精を行い、2016年から2017年に誕生した体外受精児は15198人であり、過去40年間で最高の出産率を記録した。

ニューサウスウェールズ大学のマイケル・チャップマン(Michael Chapman)教授は、体外受精サイクル数の増加、胚移植1回あたりの出産率の改善、着床前診断の普及により、過去5年間、体外受精における出生率は向上傾向にあると説明する。

オーストラリア
体外受精成功率を向上させた要因
2016年の体外受精サイクル数は81062サイクルであり、前年比4.3%増であった。着床前診断は2012年以降、200%増加した。

胚移植1回あたりの出産率は22.5%(2012年)から26.2%(2016年)へ高まり、なかでも凍結胚移植の出産率は20%(2012年)から27%(2016)年へ増加した。2016年は、体外受精児のうち60%が凍結胚を用いた体外受精であり、凍結胚移植が新鮮胚移植を上回った。

世界における不妊治療の先進国
現在、オーストラリアでは、体外受精において単一胚移植が主流である。単一胚移植は73%(2012年)から88%(2016年)へ増加し、多胎妊娠率は3.8%であり、世界平均以下であると報告されている。

オーストラリア不妊学会の副会長であるルーク・ロンバウツ(Luk Rombauts)教授は、オーストラリアにおける不妊治療では、単一胚移植率が高く、体外受精による多胎妊娠や副作用を最も軽減できると述べている。

また、妊娠タイミングを遅らせる傾向により、単一胚移植が増加していると説明する。体外受精4サイクルのうち1サイクルは40歳以上の女性であり、2016年の平均年齢は36歳であった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNSW
http://newsroom.unsw.edu.au/

Amazon.co.jp : オーストラリア に関連する商品



  • 「頑張らない、妊活のすすめ」がスタート(9月23日)
  • 「Fine Spica in広島」が10月に開催(9月22日)
  • 「卵子凍結保存」に関する記事が公開される(9月22日)
  • 「カラダのキモチ」の利用効果に関する論文が発表される(9月21日)
  • 短い禁欲期間で体外受精成功率は上がる(9月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->