Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

着床前診断は出生率に影響しない

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























着床前診断は出生率に影響しない

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床前スクリーニングの効果
ブリュッセル自由大学など多数の研究機関は、「Human Reproduction」にて、着床前スクリーニング(PGT-A)により体外受精成功率(出生率)は増加しないと発表した。

ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)では、胚移植前の卵母細胞に対する染色体スクリーニングに体外受精出生率の改善効果はないが、流産率を減少させると報告されている。

出生率
着床前スクリーニングと体外受精出生率における関係性
研究チームは、2012年に、7ヶ国9医療機関にて不妊治療を受ける女性396人(36~40歳)を対象に、着床前スクリーニングと体外受精出生率における関係性を検証した。

被験者のうち、205人は受精卵の胚移植前に染色体スクリーニングを受けた。着床前スクリーニング検査を受けた女性24%は、体外受精1サイクル目にて妊娠・出産に至った。一方、着床前スクリーニング検査を受けなかった女性191人において、体外受精1サイクル目の成功率は、同様に24%であった。

また、流産率における差異は、検査実施が7%、検査未実施では14%であった。

論文主著者であり、ブリュッセル自由大学のカレン・サーモン(Karen Sermon)教授は、体外受精出生率に対する効果は認められなかったが、着床前スクリーニングには流産率を軽減させ、少ない体外受精サイクルにて妊娠・出産を可能にすると結論付けている。

(画像はPixabayより)


外部リンク

eshre
https://www.eshre.eu/
Amazon.co.jp : 出生率 に関連する商品



  • 妊活での「気持ちのすれ違い」に関する記事が公開(10月24日)
  • 糖尿病予備軍の男性は不妊である可能性が高い(10月23日)
  • 「男性不妊」のインタビュー記事第2弾が公開(10月22日)
  • 免疫システムの抑制により早産を止める(10月22日)
  • 健康な母子には妊娠39週での誘発分娩が有益である(10月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->