Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

在胎期の難燃剤曝露により子供の読字障害リスクを高まる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























在胎期の難燃剤曝露により子供の読字障害リスクを高まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
在胎期の難燃剤曝露による影響
コロンビア大学アーヴィングメディカルセンターの研究チームは、「Environmental International」にて、胎児が、母親の子宮を介して難燃剤の曝露を受けることにより、読字障害のリスクが増すと発表した。

学習障害のうち、約80%は読字障害であるといわれる。読字障害は、大半が遺伝的な要因であるが、他の要因もある。近年の研究では、難燃剤が脳発達に悪影響を及ぼし、母親の子宮内にいる胎児が難燃剤「ポリブロモジフェニルエーテル(PBDEs)」に晒されると、読字に関与する脳領域のプロセスが変化すると認められた。

PDBEs
PDBEs曝露と脳内リーディングネットワークにおける関係性
研究チームは、読字が未熟な5歳児33人を対象に、リーディングアセスメントにて読字問題を識別したうえで、神経画像診断を行った。合わせて、妊娠期に母親から採取した血液サンプルを分析し、PBDEs曝露量を測定した。

神経画像の分析より、脳内のリーディングネットワークがより機能的である子供は、読字障害が少なかった。また、在胎期にPDBEs曝露を受けた子供は、リーディングネットワークの機能が低下していた。

しかしながら、在胎期のPDBEs曝露による影響はリーディングネットワークに限られ、社会的プロセス(精神疾患、自閉症スペクトラム障害など)に関与する脳領域の機能に対する影響は確認されなかった。

研究チームは、社会性障害の特徴に読字障害は当てはまらず、それゆえ、PDBEsは脳全体には影響を与えず、読字に関与する領域に限定して悪影響を及ぼすと結論付けている。

(画像はScienceDirectより)


外部リンク

ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

Amazon.co.jp : PDBEs に関連する商品



  • 「ペアケア」が定額プランの提供をスタート(3月30日)
  • 妊活カウンセラーが教える「不妊治療終了後に頼るべき場所」(3月30日)
  • 帝王切開後の出産を考える(3月28日)
  • 父親の低タンパク質の食事により子供の代謝は変化する(3月28日)
  • 不妊治療はオンラインプログラムの導入で妊娠率が倍増する(3月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->