Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期の深刻なストレスは子供の脳発達を妨げる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期の深刻なストレスは子供の脳発達を妨げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
母親のストレスが与える影響
Children’s National Health System(米ワシントンD.C.)の研究チームは、「JAMA Pediatrics」(1月13日発行)にて、妊娠期において、母親が深刻なストレス状態に陥ることにより、胎児の脳発達は妨げられると発表した。母親の深刻なストレスは、出生前、母親の子宮内にて発達する重要な領域における発達に異常を生じさせると報告された。

合わせて、妊婦健診に母親の精神的苦痛を測るスクリーニング検査を加え、定期的に妊娠期の母親が抱えるストレスを測定する必要性を訴える。過剰なストレスは胎児の脳発達を妨げ、それゆえ、妊娠期に過剰なストレス状態に陥った母親に対して、迅速にサポートすること重要であると強調する。

ストレス
先天性心疾患と胎児の脳発達における関係性
これまで、先天性心疾患(CHD)をもつ子供は、脳の発達および脳内で起きている生化学反応に異常が認められている。

今回、研究チームは、胎児が先天性心疾患であると診断された母親48人を対象に、スクリーニング検査にて母親のストレス・不安度を測定し、胎児が健康な状態である母親92人と比較した。

母親のストレス・不安度は、知覚されたストレス尺度「Perceived Stress Scale(PSS)」、特性不安尺度「Spielberger State-Trait Anxiety Inventory(STAI)」、エジンバラ産後うつ質問票「Edinburgh Postnatal Depression Scale」に基づき、評価された。

胎児140人に対しては、妊娠21週目から妊娠40週目の間にMRI(核磁気共鳴画像法)検査を行った。同時に、総脳容積(TBV)に加えて、脳の一部(大脳・小脳・脳幹・両側のヒッポカムポス(海馬))の容積を測定した。

研究チームは、検査結果より、妊娠期における母親が受けるストレス度と子宮内環境は関連性があり、ストレス度の増加に伴い、学習行動・協調運動・社会的発達・行動学習に関与する脳領域の発達が妨げられると結論付けた。

(画像はJAMA Networkより)


外部リンク

JAMA Network
https://jamanetwork.com/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

Amazon.co.jp : ストレス に関連する商品



  • 東京で「妊活セミナー」が開講される(2月20日)
  • 海外では常識!「葉酸」について医師が解説(2月20日)
  • アプリなどの遠隔医療介入が妊娠結果を改善する(2月19日)
  • 「赤ちゃんが欲しい2020年春」が刊行される(2月19日)
  • 妊娠高血圧症候群は胎盤遺伝子の化学修飾に関連する(2月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->