Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

胎児の目は想像以上に見えている

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























胎児の目は想像以上に見えている

このエントリーをはてなブックマークに追加
胎児の目
カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、「Current Biology」にて、母親の子宮にいる胎児の網膜は、これまで考えられていた以上に光感度があり、正確に見えていると発表した。

目
網膜神経節細胞と光感受性
胎児の発達段階にある網膜内の感光性細胞「網膜神経節細胞」は、相互結合膜と相互作用する。網膜神経節細胞は、妊娠5週目から18週に掛けて発達する。網膜の神経節細胞層にあるニューロンの一種であり、双極細胞や網膜内層のアマクリン細胞から視覚情報を受け取り、視神経を介して脳に情報を伝達する。

網膜神経節細胞のうち約3%は感光性であり、6種類のサブタイプ(極めて多様な個性を持つ種類)が確認されている。身体の概日リズムで脳の異なる部分と相互作用し、強い光に対して瞳(瞳孔)を収縮させる。また、気分や感情に影響するサブタイプもある。

研究チームは、マウス、サルにギャップ結合(多くの細胞タイプにおける特殊化した細胞間結合)を通して相互作用する網膜神経節細胞を確認した。ギャップ結合は、電子インパルスにより細胞間の壁を通り抜ける。発達段階にある網膜の光の反応に影響を与え、感光性の網膜神経節細胞を介して光感受性を高める。

今回の研究では、胎児の網膜において、感光性のある網膜神経節細胞は特定されていないが、サブタイプの役割は非常に興味深い。

(画像はCurrent Biologyより)


外部リンク

Current Biology
https://www.cell.com/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

Amazon.co.jp : 目 に関連する商品



  • 風邪ウイルスは胎児の健康に影響を与える(12月10日)
  • 「助成制度」の申請方法が変わった場合の対処法(12月8日)
  • 「人工卵管法」のトライアル結果が公開される(12月5日)
  • 不妊カウンセラーが教える「体外受精」のお値段(12月5日)
  • 葉酸による小麦粉強化は胎児の健康に効果がある(12月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->