Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

子癇前症の治療では投薬使用が基本である

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























子癇前症の治療では投薬使用が基本である

このエントリーをはてなブックマークに追加
基本的な子癇前症の治療法
東フィンランド大学の研究チームは、「British Journal of Clinical Pharmacology」にて、子癇前症(しかんぜんしょう:妊娠期における高血圧や尿蛋白)の治療では、妊娠期であっても投薬使用が一般的であると発表した。

妊娠期の投薬使用は、母親および胎児の健康を良好に保つうえで不可欠であるが、胎児は、化学薬品の影響に対して、非常に繊細な反応をする。それゆえ、妊娠期の母親は、使用する薬剤を注意深く選ぶ必要があるという。

子癇前症
子癇前症に対する投薬治療と投薬治療による効果
研究チームは、2002年から2016年に掛けて、クオピオ大学病院で出産した女性約36000人(子癇前症1252人を含む)を対象に、子癇前症に対する投薬治療、投薬治療による効果を検証した。

被験者の2人に1人は、妊娠期に最低1回の服薬があった。最も投薬されたのは抗生物質であり、血圧降下剤、パラセタモール(アセトアミノフェン)と次いだ。一方、子癇前症の女性は、子癇前症の症状がない女性と比べ、薬の使用は多く、ベンゾジアゼピン、パラセタモール、血圧降下剤、酸抑制薬の使用頻度が顕著に増加した。

子癇前症の治療において、パラセタモールの効果は明確であったが、ベンゾジアゼピン、血圧降下剤、酸抑制薬と子癇前症には逆の因果関係(原因と思われていた事象が実は結果、結果であると思われていた事象が実は原因である状態)が成立すると推測された。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BRITISH PHARMACOLOGICAL SOCIETY
https://bpspubs.onlinelibrary.wiley.com/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

Amazon.co.jp : 子癇前症 に関連する商品



  • 胎盤イメージングにより妊娠初期の合併症を診断できる(11月14日)
  • 「男性不妊」の体験記が第2回を公開(11月12日)
  • 「NPO法人Fine」が12月のカウンセリング日程を公表(11月11日)
  • 「東京新聞」が男性不妊体験者の連載を開始(11月11日)
  • モザイク胚は子供の健康に問題ない(11月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->