Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

FUJIFILM Irvine Scientificが新たな体外受精向けの培地を開発する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























FUJIFILM Irvine Scientificが新たな体外受精向けの培地を開発する

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Vit Kit-NX」の開発
9月24日、世界的な培地・試薬製品、生殖補助医療メーカーのFUJIFILM Irvine Scientific社は、ビットキット融解液の最新版「Vit Kit-NX」を発表した。

体外受精サイクルにおいて、配偶子や胚は、体外受精の各過程を通して、異なる培地に晒され、胚に不要なストレスが掛かる可能性は増す。今回、FUJIFILM Irvine Scientificは、体外受精過程を通して胚に掛かるストレスを最小限に留める目的で、「Vit Kit Freeze-NX」と「Vit Kit Warm-NX」を組み合わせ、「Vit Kit-NX」を開発した。

培養
体外受精過程で受けるストレスの軽減
近年、遺伝子スクリーニングの需要が高まり、ブラスト(胚盤胞)使用率および単一胚移植が改善されたことに伴い、世界的に「ガラス化凍結法(Vitrification)」が普及した。「ガラス化凍結法(Vitrification)」は主流となっている胚の凍結保存法であり、最先端のヒト卵母細胞および胚凍結保存技術により、融解後の胚の生存率は劇的に高まった。

「Vit Kit-NX」は二重緩衝液を含む連続型胚培養液である。同様の製品としては、コンティニュアス シングルカルチャー コンプリート(CSCM)、MHMハンドリングメディウムが挙げられる。

一貫して安全かつ安定した環境下にて受精卵(胚)を培養し、融解後の生存率や妊娠率を高める。体外受精システムにCSCM、MHMを使用することによって、胚は、体外受精過程の各過程にて一貫した環境に残る。

なお、「Vit Kit-NX」は医療機関などにて利用可能な状態であるという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

FUJIFILM
http://www.irvinesci.com/


Amazon.co.jp : 培養 に関連する商品



  • 胎盤イメージングにより妊娠初期の合併症を診断できる(11月14日)
  • 「男性不妊」の体験記が第2回を公開(11月12日)
  • 「NPO法人Fine」が12月のカウンセリング日程を公表(11月11日)
  • 「東京新聞」が男性不妊体験者の連載を開始(11月11日)
  • モザイク胚は子供の健康に問題ない(11月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->