Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

不妊治療の「順番」を決めるのは、当事者自身

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























不妊治療の「順番」を決めるのは、当事者自身

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性必見の情報を多数配信
「Suits-woman.jp」で連載中の「働きながら妊活しましょ」が、2019年9月30日に更新された。

体外受精
「Suits-woman.jp」は、株式会社小学館の雑誌「Suits-woman」が運営する女性向け情報サイト。法律、医薬品、ビジネスマナー、時短レシピなど各分野の専門家(賢人)による情報コラムを多数配信し、堅実に働く女性を応援している。

体外受精
記事は誰でも無料で閲覧可能だが、会員登録をすればメルマガの受信、懸賞への応募などが可能となり、賢人に悩みを投稿もすることもできるようになる(採用時は仮名での掲載が可能)。

それぞれの治療法のメリット、デメリットを解説
「妊活の賢人」こと笛吹和代先生が担当する「働きながら妊活しましょ」は、栄養面から仕事との両立まで幅広いテーマで妊活に役立つ情報を配信。

2019年9月30日更新分のテーマは「人工授精をスキップして、体外受精にすすむという選択」。一般的に不妊治療は「タイミング法→人工授精→体外受精」という順番で行われるが、その順番通りでない選択もあるという内容だ。

記事によると、体外受精はスケジュールの調整がしやすく妊娠の可能性も高いという利点があり、40歳以上の人に提案するクリニックも多いという。

一方で、人工授精には費用が数万円(体外受精は数10万円)で簡単という利点があるため、排卵日が予想通りに来る人や男性側に原因のある不妊の場合は人工授精が最適な場合もある。

記事では、不妊の原因が不明な場合や年齢的な面が気になる場合などは医師に相談するよう呼びかけている。また、不妊治療をはじめる際にこの段階になったときのことを考えておくことをすすめている。

日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーである笛吹和代先生は「女性の身体塾」を主宰。ウェブや電話による妊活相談も行っている。

(画像はSuits-woman.jpより)
(画像は女性の身体塾公式サイトより)


外部リンク

Suits-woman.jp
https://suits-woman.jp

女性の身体塾公式サイト
https://womanlifestagesupport


Amazon.co.jp : 体外受精 に関連する商品



  • 「助成制度」の申請方法が変わった場合の対処法(12月8日)
  • 「人工卵管法」のトライアル結果が公開される(12月5日)
  • 不妊カウンセラーが教える「体外受精」のお値段(12月5日)
  • 葉酸による小麦粉強化は胎児の健康に効果がある(12月5日)
  • 不妊治療は後成的変化を引き起こす(12月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->