Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

イギリスの国民保険サービスが新たな妊娠アプリをリリースする

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























イギリスの国民保険サービスが新たな妊娠アプリをリリースする

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠高血圧・子癇前症向けの新たな妊娠アプリ
イギリスの国営医療サービス事業である国民保険サービス(NHS)は、妊娠高血圧・子癇前症向けの新たな妊娠アプリを発表した。妊娠期の女性は、アプリを介して、自宅に居ながらにして血圧測定・管理が可能になり、妊娠期の総合的情報が得られる。

妊娠高血圧では、妊娠20週以降に突然、血圧が上昇する。複数の合併症を伴い、症状の深刻化により子癇前症が誘発される。子癇前症の症状は、高血圧、腎臓・肺などの臓器損傷をはじめ、妊娠糖尿病のリスクは高まり、母子の命も脅かす。

アプリ
アプリ実用化に向けて
NHSトラストのEpsom and St Helier University Hospitalsは、昨年、パイロット・スタディとして、10万人以上の母親を対象にアプリ「Maternity Notes」の運用を開始した。パイロット・スタディは成功に終わり、2024年までに毎年、妊娠期の女性約65万人に対してアプリを提供する予定であるという。

新たなアプリでは、万能モニターによる胎児の動きの記録・モニタリング、診察記録へのアクセス、妊娠期の血圧測定・管理が可能となる。また、妊娠期に血圧が上昇した場合、アプリとリンクできるホームモニターが提供され、自宅に居ながらにして血圧を測定し、血圧測定値を記録できる。

(画像はEpsom and St Helier University Hospitalsより)


外部リンク

Epsom and St Helier University Hospitals
https://www.epsom-sthelier.nhs.uk/badgernet

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

Amazon.co.jp : アプリ に関連する商品



  • 「人工卵管法」のトライアル結果が公開される(12月5日)
  • 不妊カウンセラーが教える「体外受精」のお値段(12月5日)
  • 葉酸による小麦粉強化は胎児の健康に効果がある(12月5日)
  • 不妊治療は後成的変化を引き起こす(12月4日)
  • クリニック受診の心得を「ファミワン」が伝授(12月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->