Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期のパラセタモール摂取と子供の行動・認知問題には因果関係がある

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期のパラセタモール摂取と子供の行動・認知問題には因果関係がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期のパラセタモール摂取による危険性
ブリストル大学(イギリス)の研究チームは、「Paediatric and Perinatal Epidemiology」にて、妊娠期の母親のパラセタモール(アセトアミノフェン)摂取と子供の行動・認知問題に因果関係があり、小児期における子供の行動・認知に対して潜在的有害を与えると発表した。

パラセタモールは解熱鎮痛剤であり、妊娠期に多く使用される。これまで、妊娠期のパラセタモール使用は、胎児に悪影響を及ぼすと報告されていたが、今回、妊娠期のパラセタモール摂取によって、子供の健康を損ねることが立証された。

論文主著者であるジーン・ゴールディング(Jean Golding)氏は、今回の研究結果より妊娠期のパラセタモール摂取と子供の健康問題における因果関係が強められ、妊娠期の母親に対して、鎮痛剤の服用を改めて注意を喚起する。

パラセタモール
妊娠中期のパラセタモール摂取と子供の行動・認知問題における関係性
研究チームは、6ヶ月から11歳までを対象に、妊娠中期(妊娠18~32週)のパラセタモール摂取と子供の行動・認知問題における関係性を検証した。また、17歳になるまで記憶・知能テストを実施した。

調査に伴い、イギリス・ブリストル在住の14500世帯を対象にした出生コホート調査「Avon Longitudinal Study of Parents and Children(ALSPAC)」より妊娠中期の女性に関するデータが用いられた。

研究を通して、妊娠期のパラセタモール摂取と子供の幼少期における行動障害に因果関係が認められた。妊娠期の母親がパラセタモールを含む鎮痛剤を服用した場合、誕生した子供は、42ヶ月から47ヶ月に掛けての行動調査より、多動性障害、注意欠如(欠陥)多動症などの行動問題があると報告された。

一方、子供が7、8歳に達すると、妊娠期のパラセタモール摂取と子供の行動・神経認知における関係性は確認されなかった。

研究チームは、妊娠期のパラセタモール摂取が子供の行動・認知に対して与える影響は短期的であり、小学校入学の時期には影響を及ぼさなくなると結論付けた。しかしながら、妊娠期のパラセタモール摂取は、短期的であっても、子供に悪影響を及ぼし、妊娠期の使用には注意が必要であると強調する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

University of BRISTOL
http://bristol.ac.uk/

Amazon.co.jp : パラセタモール に関連する商品



  • 妊娠高血圧症候群は胎盤遺伝子の化学修飾に関連する(2月18日)
  • 将来的には卵と精子を人工的に生み出せる(2月18日)
  • 乗車時間に比例して難燃化学物質の曝露リスクと生殖能力への影響は増す(2月17日)
  • 大東建託が「不妊治療休業」などの新制度を導入(2月17日)
  • 妊娠高血圧症候群は心疾患リスクを高める(2月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->