Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

男性不妊の市場 2020年までに年平均成長率5%

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























男性不妊の市場 2020年までに年平均成長率5%

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性不妊の市場
アライド・マーケット・リサーチは男性不妊の市場調査に関する報告書を刊行した。(タイトル:「Male Infertility Market (Techniques and Geography) Global Industry Analysis, Size, Growth Trends, Share, Opportunities and Forecast 2012 – 2020」)

この報告書によると、男性不妊の市場は2020年までに3億150万米ドルに達し、2013年から2020年までの年平均成長率は4.9%と推測される。

なお、男性不妊とは「数年間に渡り男性がパートナーを妊娠させることができないこと」と定義される。男性不妊は、主に、ライフスタイルの変化、加齢、飲酒・喫煙、環境的影響などに起因する。不妊に悩むカップルのうち20%が男性側に原因があるという。

男性不妊
(Aliied Market Researchより)

男性不妊の主要な市場
男性不妊の主要な市場は、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋及びその地域となる。アジア市場に次いで、北アメリカ市場は独占市場である。

なかでも、アジア市場は最も高い成長可能性を秘めている。この地域の市場成長に比例して、男性不妊治療レベル、男性不妊や治療に対する認知度も高まるという。

男性不妊の市場と不妊治療技術の関連性
男性不妊の市場成長率と不妊治療技術の発展は関連性がある。精子DNA断片化、酸化ストレス分析、顕微鏡検査、精子進入検査、精子凝集試験、精子頚管粘液貫通試験、コンピュータ分析など、不妊治療には様々な技術が駆使されている。

最新治療技術の発展により不妊治療費における金銭的負担が軽減し、市場の成長を後押しする。

男性不妊の市場成長率に影響を与える要因
度重なる不妊治療の失敗、社会的タブーは、男性不妊の市場にとって成長を妨げる要因となる。

度重なる不妊治療の失敗は、不妊治療を受ける患者にネガティブな感情的影響を与え、治療を断念させる。また、男性不妊は社会的にタブー視されているため、不妊治療を選択する男性は少数である。

一方、主要な市場の成長、最新治療技術の発展は男性不妊の市場成長率を引き上げるという。


外部リンク

PR Web
http://www.prweb.com/releases

Aliied Market Research
http://www.alliedmarketresearch.com
Amazon.co.jp : 男性不妊 に関連する商品
  • 胚の形態学的評価および非侵襲的着床前診断でモザイク胚の出生率が高まる(12月5日)
  • 妊娠中の腰痛や骨盤痛には鍼治療が効果的である(11月28日)
  • 精子の遺伝的変異が精子の遊泳に影響を及ぼす(11月28日)
  • 胎盤にあるタンパク質の不均衡より妊娠高血圧腎症を予測できる(11月21日)
  • 肥満は女性不妊の要因に成り得る(11月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ