Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

習慣流産に悩む女性に朗報?着床前診断で妊娠確率が上がる患者の条件が明らかに 

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























習慣流産に悩む女性に朗報?着床前診断で妊娠確率が上がる患者の条件が明らかに 

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床診断で、流産が防ぐことができる可能性
不妊治療を行っている北九州市のセントマザー産婦人科医院では、「習慣流産」を防ぐことを目的とした「着床前診断」について、妊娠する確率が上がる患者は、どのような条件を持つ患者なのか、その条件を見いだし、学会で発表をしました。

「習慣流産」とは、3回以上自然流産を繰り返すこと。その原因は、子宮異常、自己免疫異常、染色体異常などが明らかになっていますが、原因解明には至っていません。

何度も流産を繰り返すことは、肉体的にも精神的にも大きなダメージとなります。もし「着床診断」をすることで、妊娠・出産の確率が上がるのであれば、これは患者にとって、非常に大きな発見につながるのではないでしょうか。

着床前診断
「いつかは妊娠できる可能性はある」とは言われても・・・
セントマザー産婦人科医院では、2006年から今年9月までの間に、「着床前診断」を行い、受精卵を子宮へ戻した患者は55人になります。

この55人のうち、38名が妊娠。この38人の平均年齢は、33.6歳、平均採卵数は9.8個、23人が初回の診断で、13人が3回目までで妊娠に成功し、流産率は自然妊娠と変わらない21.1%となりました。一方、残念ながら妊娠しなかった17人の平均年齢は39.5歳、平均採卵数は3.3個でした。

同病院では、この結果から、
「採卵できる卵子の数が10個以上の35歳未満の女性であれば、妊娠率の向上を図ることができる」

としています。

いつかは妊娠できる可能性があるとして、この「着床前診断」については、否定的な考えもあるそうですが、そのいつかのために、何度も流産を繰り返すことは、誰もが経験をしたくないはずです。

田中温院長は、
「着床前診断の効果が高い患者の傾向と、実施回数の目安は3回程度までだと分かってきた。診断の対象をめぐる議論に役立ててほしい」

と述べています。

外部リンク

毎日jp
http://mainichi.jp/select/news/

セントマザー産婦人科医院
http://www.stmother.com/index.html
Amazon.co.jp : 着床前診断 に関連する商品
  • 妊娠中の母親の飲酒習慣はパートナーに大きく影響される(6月16日)
  • 株式会社TENGAヘルスケアが阪急うめだ本店に出店(4月19日)
  • 着床前診断によって重要な情報がもたらされる(2月7日)
  • プレゼントもあり!男性用「妊活パンツ」が販売を開始(2月3日)
  • 「NPO法人Fine」が、第73回保健文化賞を受賞(1月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ