Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

「実践 浅田式標準不妊治療学」刊行記念講演会が開催

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























「実践 浅田式標準不妊治療学」刊行記念講演会が開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
実用的な生殖医療実践書
医療法人浅田レディースクリニックの業務を受託している株式会社IVFサポートが、書籍「実践 浅田式標準不妊治療学」の刊行を記念した講演会を2021年3月20日にオンライン(Zoom)で開催する。

浅田式標準不妊治療学
協和企画から2021年2月15日に刊行された「実践 浅田式標準不妊治療学」(税込9900円)は、浅田レディースクリニックの臨床データや最新の研究、国際的に主流となってきている治療法などを紹介。

浅田式標準不妊治療学
全11章構成の内容で一般不妊治療や体外受精治療、生殖医療の進歩と合理的判断などについて解説している。

浅田式標準不妊治療学
講演会は、慶應義塾大学の吉村泰典名誉教授による「生殖医療の保険適用で少子化は止まるか」と医療法人浅田レディースクリニックの浅田義正理事長による「生殖医療の進化 ~私がはじめたこと、やめたこと~」の2部構成。講演のあとには質疑応答の時間も設けられる。

結果を重視した医療を提供
医療法人浅田レディースクリニックは「浅田レディース勝川クリニック」「浅田レディース名古屋駅前クリニック」(愛知県)、「浅田レディース品川クリニック」(東京都)の3つのクリニックを運営。いずれも最寄り駅から徒歩3分以内という通いやすい立地となっている。

より短い治療期間で妊娠という結果を出すために、エビデンスにもとづいた治療を提供。不必要な検査を省くことで実現した、採卵周期で月6回から7回程度、移植周期では月3回程度という通院回数の少なさも特徴だ。

適切な麻酔による痛みの少ない採卵を実施しており、複数の卵子を採取するため1回の採卵で複数の子どもがいる家族を形成することが可能となっている。

(画像は株式会社IVFサポートのプレスリリースより)
(画像は株式会社IVFサポート公式ホームページより)
(画像は医療法人浅田レディースクリニック公式ホームページより)


外部リンク

株式会社IVFサポートのプレスリリース/@Press
https://www.atpress.ne.jp

株式会社IVFサポート公式ホームページ
http://www.ivf-support.jp

医療法人浅田レディースクリニック公式ホームページ
https://ivf-asada.jp


Amazon.co.jp : 浅田式標準不妊治療学 に関連する商品
  • トリガーの日の血清プロゲステロン濃度が凍結融解胚移植の出生率に影響を与える(4月12日)
  • 腎機能低下は男性不妊リスクを高める要因になる(4月8日)
  • 妊娠中の魚摂取量は子供の心疾患リスクに影響を与えない(4月4日)
  • 抗てんかん薬「トピラマート」によって子どもの自閉スペクトラム症リスクが増加する可能性はない(3月30日)
  • 生殖補助医療の卵巣刺激によって自然周期の子宮内膜環境に近づく(3月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ