Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠初期の運動によって妊娠糖尿病リスクが軽減する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠初期の運動によって妊娠糖尿病リスクが軽減する

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠初期の運動の重要性
1月11日、テネシー大学ノックスビル校の研究チームは、大学プレスリリースにて、妊娠初期に運動量が多い女性は、妊娠糖尿病の発症リスクを軽減できると発表した。なお、研究論文は、「Diabetes Care」(12月21日発表)に掲載されている。

妊娠糖尿病とは、糖尿病の病歴のなかった女性が妊娠に伴い発症する糖尿病であり、妊娠初期に診断が下る。妊娠合併症、陣痛・分娩時の異常や合併症を併発しやすく、将来的には、母子の糖尿病リスクを高める。

今回、妊娠中に1日あたり最低38分間、「中等度」の強さの運動(心拍数:1分間100~120拍以内)を毎日行うことにより、妊娠糖尿病の発症リスクが軽減されると報告された。

運動
妊娠初期に1日最低38分間「中等度」の強さの運動を
研究チームは、「Kaiser Permanente Northern California」メンバーである妊婦2246人に対してアンケート調査を行い、妊娠初期の運動による効果を検証した。なお、「Kaiser Permanente(カイザーパーマネンテ)」は、アメリカ三大健康保険システムのうち、最大の健康維持機構である。

被験者の自己申告による妊娠中の運動量に基づき、妊娠中の運動がもたらす影響を検証したところ、妊娠初期の運動によって被験者100人中、妊娠糖尿病の発症リスクは2.1ケース、血糖異常リスクでは4.8ケースまで低下した。

研究チームは、妊娠初期の女性が「中等度」の強さの運動を1日あたり最低38分間、毎日続けることにより、妊娠糖尿病の発症および血糖異常が予防できると結論付けている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY OF TENNESSEE KNOXVILLE
https://news.utk.edu/
Amazon.co.jp : 運動 に関連する商品
  • 人間の場合、HAND2遺伝子が陣痛開始に関与する(3月2日)
  • 妊娠期の食事内容は子供の肥満リスクに影響する(3月1日)
  • 「Daylily Healthology」が妊活サプリを発売(2月28日)
  • 外食にも対応!クリニック院長監修の「妊活レシピ」本が刊行(2月28日)
  • 選択的卵子凍結は将来性のある選択肢となる(2月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ