Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期のアルコールとニコチン摂取は子供の健康リスクを高める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期のアルコールとニコチン摂取は子供の健康リスクを高める

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期のアルコールとニコチンの危険性
ヒューストン大学の研究チームは、「Scientific Reports」にて、妊娠期の女性が飲酒ならびに喫煙をしている場合、認知障害、学力低下、注意欠陥多動性障害(ADHD)を含む、胎児の健康リスクが高まると発表した。

アルコールとニコチンの共曝露により、胎児の遺伝子およびmiRNA(遺伝子発現を抑制する21-25塩基(nt)長の一本鎖RNA分子)は大幅に変化する。

妊娠初期の飲酒および喫煙は、胎児の神経回路網の形成、細胞発生・成長および細胞伝達に関与する遺伝子発現制御機構(遺伝子発現の調節)を大きく変化させ、胎児脳の発達において重大な欠陥を引き起こす要因に成り得る。

飲酒・喫煙
アルコールとニコチンが胎児脳の発達に及ぼす影響
研究チームは、妊娠中の母親に対するアルコール治療、ニコチン治療を通じて、遺伝子の示唆的な発現増加および、示唆的な発現減少を認めた。

アルコールとニコチンは、中脳皮質系ドーパミン経路を活性化させてドーパミンホルモンの放出を誘発し、脳内報酬系に作用する。ドーパミン作動性神経(ドーパミン作動性ニューロン)の特徴的構造は長い軸索であり、脳の異なる領域に機能的ネットワークを構築させる。

妊娠初期のアルコールとニコチンの共曝露は、ドーパミン細胞の成長、神経細胞移動、神経軸索ガイダンス(神経系の発生段階にて正しく神経回路形成を行ううえで重要なプロセス)、ニューロトロフィンの細胞シグナル、グルタミン酸性シナプス(グルタミン酸作動性シナプス)に悪影響を及ぼし、胎児脳の発達を妨げる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY of HOUSTON
https://uh.edu/
Amazon.co.jp : 飲酒・喫煙 に関連する商品
  • 大阪市の薬局が妊活情報サイトをオープン(10月22日)
  • 不妊カウンセラーによる「排卵日」に関する記事が公開される(10月21日)
  • 重症化した悪阻は妊娠中および産後の鬱リスクを高める(10月21日)
  • 【茨城県】体外受精専門のクリニックが新規オープン(10月21日)
  • 妊娠成立前の父親の精神状態によって早産リスクが高まる(10月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ