Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

原因不明の妊娠損失と臭覚システムには関連性がある

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























原因不明の妊娠損失と臭覚システムには関連性がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
原因不明の妊娠損失と臭覚システム
ワイツマン科学研究所の研究チームは、「eLife」(9月29日掲載)にて、原因不明の再発性妊娠損失(URPL:原因不明の流産を繰り返す状態)と臭覚システムには関連性があると発表した。

今回の研究では、原因不明の妊娠損失(流産・死産)を繰り返す女性は、妊娠損失を経験しない女性とは異なり、異性の体臭における違いが分かり、それゆえ、「ブルース効果(哺乳類のメスにおいて、メスを別の新しいオスに曝露させると妊娠が中断される現象)」によって妊娠損失が生じると推測された。

妊娠損失
原因不明の妊娠損失とブルース効果
原因不明の繰り返す流産・死産は、「ブルース効果」における人間の差異に関与している。「ブルース効果」では、妊娠中の雌マウスに対して、パートナー(妊娠中の子マウスの父)ではない雄マウスの体臭を嗅がせたところ、常に妊娠損失が引き起こり、妊娠中断現象および妊娠阻害現象が認められたという。

これまで、メカニズムの解明には至らなかったが、パートナー(妊娠中の子の父)以上に適した男性が存在するとの化学的なメッセージより、女性が妊娠中断および妊娠阻害を選択していると考えられてきた。

小さな嗅球と視床下部における体臭に対する反応増加
マウスを用いた動物モデル実験を通じて、1959年にヒルダ・ブルース(Hilda Bruce)氏は「ブルース効果」を導き出したが、雌は、子の父である雄の体臭を記憶していることが認められた。

今回、研究チームは、被験者の女性に対して、オドラント(匂い物質) 3種類(配偶者が着用したTシャツから抽出した匂い1種類、配偶者以外が着用したTシャツから抽出した匂い2種類)を嗅いでもらった。流産・死産を繰り返す女性では、配偶者の匂いを特定できたが、一方、流産・死産歴のない女性は配偶者の匂いが分からなかった。

実験を通じて、原因不明の流産・死産を繰り返す女性は、臭覚システムが顕著に優れていることが認められた。流産・死産を繰り返す女性の臭覚システムは、匂いの描写(比喩・表現)や評価において、流産・死産を繰り返さない女性とは大きく異なった。

構造的・機能的な脳画像を比較したところ、構造的画像より、原因不明の妊娠損失を繰り返す女性は嗅球(終脳の先端に位置する嗅覚情報処理に関与する脳組織)が小さいことが判明した。また、機能的画像では、原因不明の妊娠損失を繰り返す女性の視床下部にて、男性の体臭に対する反応の増加が確認された。

研究チームは、原因不明の妊娠損失を解明するうえで、流産・死産の原因は女性の子宮ではなく、脳の嗅球にあると考えられると結論付けている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Weizmann Institute of Science
https://wis-wander.weizmann.ac.il/

MEDINDIA
https://www.medindia.net/

Amazon.co.jp : 妊娠損失 に関連する商品
  • 早産リスクは早産家族歴より予測できる(11月25日)
  • 新型コロナウイルス感染症は男性生殖機能に悪影響を及ぼす(11月25日)
  • 【盛岡】妊活・体質改善の地図を作るオンライン講座(11月25日)
  • 新たなツールで早産リスクを自宅で簡単に検査できる(11月24日)
  • 新薬によって女性不妊が改善される(11月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ