Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠糖尿病は子供の老化を早める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠糖尿病は子供の老化を早める

このエントリーをはてなブックマークに追加
子供の老化を加速
ラトガース大学(米ニュージャージー州)の研究チームは、「Epigenetic」にて、妊娠糖尿病は、長期に亘って、子供のエピジェネティクス的年齢(生物学的年齢)に影響を与えると発表した。

エピジェネティクス的年齢は、組織・細胞の老化の程度から求められる生物学的年齢を意味する。今回、母親が妊娠糖尿病を発症した場合、誕生した子供は、組織・細胞の老化が早まり、肥満および高血圧リスクが高まることが認められた。

妊娠糖尿病
妊娠糖尿病とDNAメチル化、エピジェネティクス的年齢における関連性
研究チームは、中国・天津の子供1156人(3~10歳)を対象に暦年齢とエピジェネティクス的年齢における差異を調査し、妊娠糖尿病とDNAメチル化、エピジェネティクス的年齢における関連性を検証した。

DNAメチル化レベルとエピジェネティクス的年齢には強い相関性があり、エピジェネティクス的年齢はDNAメチル化のレベルを測定することで決定する。老化が加速している場合、エピジェネティクス的年齢は、暦年齢(誕生からの経過日数より求められる年齢)より高くなる。

調査を通じて、妊娠期の母親が妊娠糖尿病を発症し、子宮内の胎児が妊娠糖尿病に晒されることにより、細胞レベルで老化することが認められた。

妊娠糖尿病を発症した母親から誕生した子供は、エピジェネティクス的年齢が上がり、暦年齢より高くなった。合わせて、エピジェネティクス的年齢は、体重・BMI値・体脂肪率・上腕周囲径(AC)・血圧と関連性があり、エピジェネティクス的年齢の上昇に伴い、数値が増加した。

研究チームは、長期に亘って、妊娠糖尿病は子供のエピジェネティクス的年齢に影響を与え続け、循環代謝疾患を引き起こす要因に成り得ると結論付けている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

RUTGERS THE STATE UNIVERSITY OF NEW JERSEY
https://www.rutgers.edu/


Amazon.co.jp : 妊娠糖尿病 に関連する商品
  • 妊活・妊娠中の高脂肪食によって子供が甘味嗜好になる(9月21日)
  • 杉並区の不妊治療専門クリニックが「説明会」を開催(9月20日)
  • 質問大歓迎!「妊活ライブ」が、オンラインセミナーを実施(9月20日)
  • 多嚢胞性卵巣症候群は子供の精神障がいリスクを高める(9月18日)
  • 軽度かつ無害なストレスは子供の耐病性を高める(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ