Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

機械学習によって妊娠の健康リスクを予測できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























機械学習によって妊娠の健康リスクを予測できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
機械学習の可能性
カーネギーメロン大学(CMU)、ピッツバーグ大学医療センター(UPMC)は、「The American Journal of Pathology」にて、現在、胎盤切片を検査できる機械学習の開発を進めており、将来的には機械学習によって子癇前症の予測が可能になると発表した。

機械学習による子癇前症リスク予測は、子癇前症の症状が現れる前に母親のリスクを特定し、治療を可能とする。

機械学習
子癇前症リスク予測における課題
胎盤を検査することで血管障害(DV)である血管病変タイプを調べられ、母親の子癇前症リスクを予測できるという。しかしながら、1つの胎盤切片には数百もの血管病変が存在し、子癇前症リスク特定に必要とされる血管病変は、たった1つである。

機械学習では、コンピュータにデータファイルにおける特定の特徴を学習させ、認識させる。今回の場合、データファイルは胎盤サンプルの薄い断面イメージであり、コンピュータに多様なイメージを学習させて病気の胎盤、健康な胎盤を記憶させる。

学習したコンピュータは、血管病変から妊娠の特徴(妊娠年齢、出生体重、母親の状態など)に至るまでのデータが反映されたアルゴリズム・統計モデルに基づき、イメージの血管を検出し、胎盤にある病変を特定できるようになる。

研究チームは、現段階において、アルゴリズムが病理学者に代替することは不可能であると言及する。今後、アルゴリズムにて、病理学者が精密検査をすべき箇所を知らせることでプロセスの迅速化を目指す。

(画像はThe American Journal of PATHOLOGYより)


外部リンク

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

The American Journal of PATHOLOGY
https://ajp.amjpathol.org/

Amazon.co.jp : 機械学習 に関連する商品
  • 不妊治療に関する「情報開示」の必要性を訴える記事が公開される(9月22日)
  • 妊活・妊娠中の高脂肪食によって子供が甘味嗜好になる(9月21日)
  • 杉並区の不妊治療専門クリニックが「説明会」を開催(9月20日)
  • 質問大歓迎!「妊活ライブ」が、オンラインセミナーを実施(9月20日)
  • 多嚢胞性卵巣症候群は子供の精神障がいリスクを高める(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ