Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

不妊カウンセラーが教える「認可外」出生前診断の問題点

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























不妊カウンセラーが教える「認可外」出生前診断の問題点

このエントリーをはてなブックマークに追加
認定カウンセラーが、仕事と妊活を両立するコツを伝授
株式会社小学館が運営する「Suits-woman.jp」が、2020年8月31日にコラム記事「働きながら妊活しましょ」を更新した。

出生前診断
「女性の身体塾」を主宰する笛吹和代先生(日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー)が執筆する「働きながら妊活しましょ」は、そのタイトル通り仕事を続けながら妊活する人たちが読んで役立つ情報をさまざまな切り口で紹介。

出生前診断
新型コロナウィルス(COVID-19)など、最近の社会事情に即した情報も配信されている。

診断を受けるつもりなら、早めに医療機関探しを
今回更新分のテーマは「認定外『出生前診断』の何が問題?」。妊娠中の人が受ける検査であるが、妊活中の人たちにも一考して欲しい点があるため、今回記事で紹介することとなった。

出生前診断は社会的にも倫理的にもデリケートな内容を含む検査であるが、最近は日本医学会の認定を受けていない医療機関が行う場合があり問題になっているという。

認定された医療機関では、出生前診断のメリット・デメリットや費用、結果などについて十分理解するための事前カウンセリングが義務づけられているが、認定外の医療施設の場合カウンセリングはないため、血液検査の結果を確定診断と勘違いして早急な判断を下してしまうケースもあるという。

記事では出生前診断を受けたいと思っている人たちへのアドバイスとして、妊娠が判明したらすぐに予約を入れられるようにあらかじめ認定された医療機関を探しておくことをすすめている。

(画像はSuits-woman.jpより)
(画像は女性の身体塾公式サイトより)


外部リンク

Suits-woman.jp
https://suits-woman.jp

女性の身体塾公式サイト
https://woman-lifestage-support.com


Amazon.co.jp : 出生前診断 に関連する商品
  • 大阪市の薬局が妊活情報サイトをオープン(10月22日)
  • 不妊カウンセラーによる「排卵日」に関する記事が公開される(10月21日)
  • 重症化した悪阻は妊娠中および産後の鬱リスクを高める(10月21日)
  • 【茨城県】体外受精専門のクリニックが新規オープン(10月21日)
  • 妊娠成立前の父親の精神状態によって早産リスクが高まる(10月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ