Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

クアット含有消毒剤は人体に害はないのか?

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























クアット含有消毒剤は人体に害はないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
安全性を検証する必要性
アメリカ化学会(ACS)は、「Chemical & Engineering News」にて、4級アンモニウム化合物(QUAT:クアット)含有の消毒剤は、細胞および動物に対して安全であるかを検証する必要性があると発表した。

クアット
クアット含有消毒剤とは
現在、新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の世界的大流行(パンデミック)に直面し、これまで以上に消毒剤の重要性が増している。

消毒剤のなかには、クアットを含む製品も少なくない。クアットは化合物であり、通常、4つのアルキル基あるいはベンジル基に結合する4価の正電荷をもった窒素原子を最低1つ有する。クアットを含有する消毒剤は、タンパク質構造や脂質膜を破壊し、バクテリア・菌、ウイルスを死滅させる効果がある。

クアットは、1930年以降から今日まで使用され続け、スプレー消毒剤、清拭用ワイプ(消毒・除菌シート)、ハンドソープ、ハンドサニタイザーに含まれる。また、目薬、界面活性剤に用いられる。

クアットと不妊・発達障害における関連性
近年、クアットの毒性が指摘されており、動物モデル実験や細胞実験において、化合物が生殖能力に悪影響を及ぼすことが確認された。また、クアットと発達障害の関連性も認められ、細胞プロセスを崩壊させ、発達障害を引き起こす要因になるといわれる。

新型コロナウイルス感染症のパンデミック下では、妊活中および妊娠中の女性をはじめ、これまで以上に消毒剤を使用する頻度が増した。それゆえ、安全性を検証する必要性があると強調する。

(画像はACSより)


外部リンク

ACS
https://www.acs.org/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/
Amazon.co.jp : クアット に関連する商品
  • 大阪市の薬局が妊活情報サイトをオープン(10月22日)
  • 不妊カウンセラーによる「排卵日」に関する記事が公開される(10月21日)
  • 重症化した悪阻は妊娠中および産後の鬱リスクを高める(10月21日)
  • 【茨城県】体外受精専門のクリニックが新規オープン(10月21日)
  • 妊娠成立前の父親の精神状態によって早産リスクが高まる(10月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ