Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

卵子凍結経験者の半数は「働く主婦」であることが判明

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























卵子凍結経験者の半数は「働く主婦」であることが判明

このエントリーをはてなブックマークに追加
「費用の負担」が課題だという意見が最多
人材サービス「しゅふJOB」の調査機関であるしゅふJOB総研が「卵子凍結」に関するアンケート調査を実施。その結果を2020年7月17日付けのプレスリリースで公開した。

卵子凍結
アンケート調査は2020年1月23日から2020年1月31日にかけて、求人媒体「しゅふJOBパート」登録者などの働く主婦層を対象に実施されている(有効回答数700件)。

卵子凍結
調査結果によると、卵子凍結をした経験がある人は全体の7.7パーセント。不妊治療を経験した人のみに限定した調査では、25.5パーセントが卵子凍結を経験していることが判明。

卵子凍結
また、卵子凍結をした人の50パーセントが、凍結当時長期の仕事をしていたことがわかった(フルタイム33.3パーセント・パートタイム16.7パーセント)。

卵子凍結と仕事を両立させる場合の課題については「施術にかかる費用の負担」が最多。次いで「心身への負担」「職場の理解不足」という結果となった。

主婦・主夫のためのお仕事紹介
ビースタイルグループ(株式会社ビースタイル ホールディングスおよびグループ各社)が運営している「しゅふJOBパート」は、主婦(主夫)に特化した人材サービス。

住所や駅、勤務条件での検索はもちろん求人保存機能・希望求人メール機能もあり、家事や育児にいそがしい人もライフスタイルに合わせた仕事探しをすることが可能となっている。

(画像は株式会社ビースタイル ホールディングスのプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ビースタイル ホールディングスのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

株式会社ビースタイル ホールディングス公式ホームページ
http://www.bstylegroup.co.jp


Amazon.co.jp : 卵子凍結 に関連する商品
  • 不妊治療に関する「情報開示」の必要性を訴える記事が公開される(9月22日)
  • 妊活・妊娠中の高脂肪食によって子供が甘味嗜好になる(9月21日)
  • 杉並区の不妊治療専門クリニックが「説明会」を開催(9月20日)
  • 質問大歓迎!「妊活ライブ」が、オンラインセミナーを実施(9月20日)
  • 多嚢胞性卵巣症候群は子供の精神障がいリスクを高める(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ