Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

第一子を帝王切開で分娩すると第二子の妊娠可能性が低下する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























第一子を帝王切開で分娩すると第二子の妊娠可能性が低下する

このエントリーをはてなブックマークに追加
第一子の分娩方法による影響
ペンシルベニア州立大学の研究チームは、「JAMA Open Network」(2020年4月掲載)にて、第一子を帝王切開にて分娩した場合、経膣分娩(自然分娩)と比べ、第二子の妊娠率が低下すると発表した。

つまり、第一子の分娩方法は第二子の妊娠率に影響を与える。また、第一子の分娩方法による影響は産後、最低3年間は持続するという。

分娩
第一子の帝王切開と第二子の妊娠可能性
研究チームは、第一子妊娠中の女性2021人(18~35歳)を対象に「The First Baby Study」を行った。調査期間は妊娠中から産後3年間に及び、被験者のうち712人が帝王切開であった。調査結果より、第一子を帝王切開にて分娩した女性は、被験者の平均年齢より高く、高齢出産の傾向が認められた。

また、産後6ヶ月ごとの追跡調査にて妊活の頻度、妊娠有無に関する質問調査を行ったところ、第一子が帝王切開のグループでは、約69%が第一子の出産から3年内に第二子を妊娠していた。一方、第一子が経膣分娩のグループは、第一子出産後の3年間で約78%が第二子を授かっていた。

研究チームは、調査結果より、第一子が帝王切開で分娩した女性は妊娠可能性が下がり、第二子の死産リスクが高くなると結論付けている。それゆえ、母体年齢、第一子の妊娠年齢、妊娠前のBMI値、妊娠期の体重増加幅、過去の中絶、肥満、高血圧、妊娠中の入院など因子を考慮したうえで、帝王切開を検討する必要があると強調する。

(画像はJAMA Networkより)


外部リンク

JAMA Network
https://jamanetwork.com/

Medical Daily
https://www.medicaldaily.com/
Amazon.co.jp : 分娩 に関連する商品



  • 「妊活マイスター」によるオンラインセミナーが開講決定(8月9日)
  • 今さら聞けない「妊娠・不妊の知識」をコミックで伝授!(8月9日)
  • 妊活に効くメニューもあり!16通りから選べる「テイクアウト」(8月8日)
  • 新たな技術によって無症候性でハイリスクな女性の早産可能性を診断できる(8月6日)
  • 代謝補酵素が卵子の質に大きく影響する(8月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->