Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

代謝補酵素が卵子の質に大きく影響する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























代謝補酵素が卵子の質に大きく影響する

このエントリーをはてなブックマークに追加
卵子の質に影響する酵素
クイーンズランド大学(オーストラリア)の研究チームは、「Nature Communications」にて、代謝補酵素「ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)」が女性の卵子の質に大きく影響すると発表した。

「NAD+」は、身体のあらゆる細胞に確認できる重要な酵素である。多くの代謝プロセスに関与するが、加齢と共に代謝補酵素量は低下する。「NAD+」の安定的維持は女性の生殖能力を向上させ、自然妊娠および体外受精による妊娠可能性の改善につながると期待される。

卵子
代謝補酵素「NAD+」と卵子の質における関係性
今回の研究は卵子の最終成熟段階に関する世界で最も詳細であり、ヒト細胞に検出される代謝補酵素「NAD+」の増加に伴い、女性の生殖能力は高まり、体外受精において最良の卵子を選出できると報告された。

研究チームは、4年に亘って卵子の最終成熟段階を通して、紡錘体(細胞分裂時に染色体を娘細胞に分離する構造体)の速度を観察した。紡錘体を形成する微小管は連続的にスライド運動しているといわれる。

卵子の質は、20代後半から30代前半で徐々に衰え始め、30代後半では急速に低下し、妊娠可能性は低くなり、妊娠が困難になる。しかしながら、今回、「NAD+」は卵子の質に大きな影響を与え、「NAD+」により、卵子は、成熟後も細胞のビルディングブロック(部品)を確実に保持できることが判明した。

また、成熟後も卵子が構成要素の大部分を失わず、細胞のビルディングブロックを確実に保持するうえで、NAD+依存性のバーストが必要となる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY OF QUEENSLAND
https://www.uq.edu.au/

VetCandy
https://www.myvetcandy.com/
Amazon.co.jp : 卵子 に関連する商品
  • 女性のための「フリーマガジン」が冬号を刊行(11月28日)
  • 不妊治療によって卵巣癌リスクは増加しない(11月28日)
  • 染色体相互転座では顕微授精によって正倍数性胚の確率が向上する(11月27日)
  • 妊娠中の新型コロナウイルス感染は免疫機能に悪影響を及ぼす(11月27日)
  • 早産リスクは早産家族歴より予測できる(11月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ