Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

新型コロナウイルス感染症は母から子へ伝播する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























新型コロナウイルス感染症は母から子へ伝播する

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウイルスの垂直感染
カリフォルニア大学デービス校の研究チームは、「American Journal of Perinatology」(6月5日掲載)にて、新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の原因ウイルス「SARS-CoV-2」が垂直感染・垂直伝播(親から子へ伝播)すると発表した。

今回、妊娠期に母親が新型コロナウイルス感染症に感染した場合、ウイルスが母から子へ移行することが認められた。研究チームは、妊娠期に母から胎児へウイルスが伝播するタイミング・経路を理解することは非常に重要であると強調する。

新型コロナウイルス感染症
在胎中・産後に母から子へ伝播
新型コロナウイルス感染症の垂直感染メカニズムには3通りあると考えられ、母から胎児へのウイルス感染(子宮内感染)は、妊娠中いかなるタイミングにて起こり得る。

母の急性感染症によるウイルス血症(血液に侵入したウイルスが全身へと移動する医学的状態)では、胎盤を介してウイルスが胎児へ伝播する。胎児に対する影響は、妊娠中の母親がウイルス感染した時期、胎児の成長段階によって異なる。例えば、母親が妊娠後期に感染した場合、胎児は、出産時に感染する可能性が高くなる。

一方、分娩中あるいは出生直後に母から子へウイルスが伝播した場合、子供は出産2週間前あるいは生後2日内にウイルスに感染し、母親あるいは子供と密接に関わる人が感染経路として発症したと考えられる。

ウイルスの潜伏期間は14日間であるといわれ、生後1日の新生児ではPCR検査結果が陰性であったが、生後2日目から14日目の間にて陽性に成り得る。また、生後2週間から3週間後に抗体テストを行い、陽性反応が出ることもある。

それゆえ、妊娠中・産後に新型コロナウイルス感染症に感染した母親をもつ子供は、検査結果が陰性であったとしても、体調に注意を払う必要がある。

(画像はUCDAVIS HEALTHより)


外部リンク

UCDAVIS HEALTH
https://health.ucdavis.edu/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 新型コロナウイルス感染症 に関連する商品



  • 「妊活マイスター」によるオンラインセミナーが開講決定(8月9日)
  • 今さら聞けない「妊娠・不妊の知識」をコミックで伝授!(8月9日)
  • 妊活に効くメニューもあり!16通りから選べる「テイクアウト」(8月8日)
  • 新たな技術によって無症候性でハイリスクな女性の早産可能性を診断できる(8月6日)
  • 代謝補酵素が卵子の質に大きく影響する(8月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->