Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

35歳のクリニック選びは「選択肢」と「時間節約」が重要

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























35歳のクリニック選びは「選択肢」と「時間節約」が重要

このエントリーをはてなブックマークに追加
体外受精
専門家が役立つ情報を紹介
2020年6月22日に、35歳以上の妊活に関する記事を公開した「働きながら妊活しましょ」が、2020年6月29日に更新された。

体外受精
「働きながら妊活しましょ」は女性向け情報サイト「Suits-woman.jp」で連載中。「女性の身体塾」主宰の笛吹和代先生(日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー)が執筆を担当しており、基礎体温や職場との付き合いかたなど幅広い切り口で仕事と妊活の両立に役立つ情報を紹介している。

体外受精も視野に入れつつ、選択肢を増やす
今回更新分のテーマは「35歳、不妊治療を始めます……“フワッとさん”が選ぶべき不妊クリニックは?~その2~」。前回掲載分の続編となっている。

記事によると、35歳以上の女性は転院にかかる時間を節約するためにも体外受精の実績があるクリニックがおすすめであるという。

体外受精には自然周期採卵・高刺激・低刺激という3つの治療方針があるが、記事では高刺激と低刺激の両方に対応しているクリニックを推奨。これも転院にかかる時間節約のためであるという。

弁護士や栄養士、薬剤師など多彩な専門家(賢人)による記事が読める「Suits-woman.jp」の会員(登録無料)になれば、笛吹先生をはじめとする賢人への悩み相談も可能。

採用時は仮名での掲載となるのでプライバシー面が気になる人も安心だ。

(画像はSuits-woman.jpより)
(画像は女性の身体塾公式サイトより)


外部リンク

Suits-woman.jp
https://suits-woman.jp

女性の身体塾公式サイト
https://woman-lifestage-support


Amazon.co.jp : 体外受精 に関連する商品



  • クリニック選びが変わる!「婦人科ラボ」が始動(7月11日)
  • 子癇前症の新しいバイオマーカー2種が発見される(7月11日)
  • 新たな技術によって精子選別に伴うダメージを軽減できる(7月10日)
  • 「NPO法人Fine」が「コロナ」に関するアンケートを実施(7月9日)
  • 妊娠期の適度な運動により母乳の質は向上する(7月8日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->