Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

「コロナ禍における第2子以降の妊娠」に関する調査結果が公表される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























「コロナ禍における第2子以降の妊娠」に関する調査結果が公表される

このエントリーをはてなブックマークに追加
ユーザーが必要な情報をすぐ読めるサイト
「ベビーカレンダー」を運営する株式会社ベビーカレンダーが、2020年5月に実施した「コロナ禍における第2子以降の妊娠」に関するアンケート調査の結果を2020年6月8日付けのプレスリリースで公表した。

コロナ
月間410万人以上が利用する「ベビーカレンダー」は、妊娠・出産・育児の情報サイト。トップページで出産予定日もしくは子どもの誕生日を設定すると、時期に応じた情報(知っておきたいこと、Q&A、レシピなど)をリストアップできるのが特徴だ。

コロナ
妊活についての情報も多数掲載しており、トップページかサイトマップにある「妊娠前・妊活」のリンクをクリックすると妊活関連の情報をリストアップできる。

約4割の人がコロナ禍の影響を受けている
「コロナ禍における第2子以降の妊娠」に関するアンケート調査は、2020年5月23日・5月24日に実施。株式会社ベビーカレンダーのサービスに会員登録している女性で2016年5月23日から2019年5月23日に出産した人(※)が対象となっている。

コロナ
調査結果によると、新型コロナウィルスが流行する前は、47.7パーセントの人が第2子以降の妊娠を希望していたが、現在第2子以降の妊娠を希望している人は39.1パーセントという結果となった。

コロナ
新型コロナウィルスが流行する前に第2子以降の妊娠を希望していた人のうち約37.4パーセントが新型コロナウィルスの影響で妊活の状況や今後の考えに変化があったと回答。

そのうち妊活や不妊治療を一旦休止した人は57.2パーセント。22.6パーセントの人が妊娠をあきらめていることがわかった。

コロナ
「ベビーカレンダー」では、このような状況で不安を抱えている人たちのために「動画で見る両親学級」「新型コロナウィルスに関する妊娠・子育て情報」を配信している。

※現在妊娠中の人は除く。

(画像は株式会社ベビーカレンダーのプレスリリースより)
(画像は株式会社ベビーカレンダー公式ホームページより)


外部リンク

株式会社ベビーカレンダーのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

株式会社ベビーカレンダー公式ホームページ
https://corp.baby-calendar.jp


Amazon.co.jp : コロナ に関連する商品



  • クリニック選びが変わる!「婦人科ラボ」が始動(7月11日)
  • 子癇前症の新しいバイオマーカー2種が発見される(7月11日)
  • 新たな技術によって精子選別に伴うダメージを軽減できる(7月10日)
  • 「NPO法人Fine」が「コロナ」に関するアンケートを実施(7月9日)
  • 妊娠期の適度な運動により母乳の質は向上する(7月8日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->