Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

難燃剤は父親の生殖機能に影響を与える

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























難燃剤は父親の生殖機能に影響を与える

このエントリーをはてなブックマークに追加
難燃剤による影響
ジョージア大学の研究チームは、「Scientific Reports」にて、難燃剤「ポリ臭化ビフェニル-153(PBB153)」により精子の遺伝子コードが変化し、子供の健康問題を引き起こすと発表した。

ポリ臭化ビフェニル-153(PBB153)は、消火器の難燃剤の主な化学成分であり、現在、使用が禁止されている。今回、父親が難燃剤の曝露を受けた場合、精子の遺伝子コードを変化させ、その子供に先天性疾患を引き起こす要因になると報告された。

難燃剤
PBB153が精細胞に与える影響
研究チームは、観察的および実験的アプローチを独自に組み合わせ、PBB153が精細胞に与える影響を検証した。実験はラボ環境下にて行われ、精子形成の元になる幹細胞モデルを用いて、血液のPBB153曝露量と影響を調査した。

精子幹細胞にPBB153を投与したところ、精子形成の過程にて異なる遺伝子が発現し、遺伝子発現の変化が認められた。特に、胚器官、手足、筋肉、神経システムが発達するうえで重要となる遺伝子が変化した。

研究チームは、パートナーの女性との妊活・妊娠成立前に、男性が難燃剤PBB153に晒された場合、子供の健康に悪影響を及ぼすと説明する。つまり、PBB153により精子DNAは変化し、精子の遺伝子スイッチがオン・オフされ、子供の内分泌関連の健康を害する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY OF GEORGIA
https://news.uga.edu/study-birth-defects-flame-retardant/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 難燃剤 に関連する商品



  • クリニック選びが変わる!「婦人科ラボ」が始動(7月11日)
  • 子癇前症の新しいバイオマーカー2種が発見される(7月11日)
  • 新たな技術によって精子選別に伴うダメージを軽減できる(7月10日)
  • 「NPO法人Fine」が「コロナ」に関するアンケートを実施(7月9日)
  • 妊娠期の適度な運動により母乳の質は向上する(7月8日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->