Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

卵胞刺激ホルモンによる治療は男性不妊治療に有益である

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























卵胞刺激ホルモンによる治療は男性不妊治療に有益である

このエントリーをはてなブックマークに追加
卵胞刺激ホルモンの効果
モデナ・レッジョ・エミリア大学(イタリア)の研究チームは、「The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」にて、たとえ、エビデンスレベルが弱いとしても、卵胞刺激ホルモン(FSH)は精子生産量を増加させ、男性不妊の治療に有益であると発表した。

病態生理学的証拠に基づき、ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)にて精子形成を刺激できると報告された。

FSH
システマティックレビューに基づくエビデンス
研究チームは、医学文献データベース「PubMed」を用いて、卵胞刺激ホルモン作用の遺伝的根拠、精子形成における卵胞刺激ホルモンの役割、男性不妊に対する影響に関する研究論文(2020年1月まで)を対象にシステマティックレビューを実施した。

卵胞刺激ホルモンによる治療は、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症に効果が認められるが、原因不明の男性不妊に対する治療効果は疑わしい。アプローチは限定的であり、男性不妊のスキームを低ゴナドトロピン性性腺機能低下症から取り入れ、女性不妊に対する生殖補助医療と同様に過剰刺激しない。

また、卵胞刺激ホルモンの効果は血清レベルだけでなく、個体に基づき、遺伝子バリアントはホルモンレベル・活性・受容体反応を決定できる。FSHB遺伝子とFSHR遺伝子の一塩基多型(SNPs)が認められ、精巣の容積と精子の生産量に影響を与える。

(画像はJCEMより)


外部リンク

JCEM
https://academic.oup.com/

Amazon.co.jp : FSH に関連する商品
  • 新薬によって女性不妊が改善される(11月23日)
  • 「赤ちゃんが欲しい冬号」が発売される(11月23日)
  • 不妊はあくまでも「夫婦の問題」です(11月22日)
  • 妊活の知識も学べる!「共働き」向け支援プランが始動(11月22日)
  • 大気汚染曝露によって子供の血圧が上昇する(11月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ